ボンマルシェ食堂

カリフラワーと長ねぎのチーズグラタン

  • 三國清三
  • 2014年1月23日
カリフラワーと長ねぎのチーズグラタン

  • カリフラワーと長ねぎのチーズグラタン

  • <ここがポイント!>材料をボウルであらかじめ合わせて下味をつけておくと、水っぽい味にならない。

寒さに背中を丸めて歩いていませんか? 今夜はグラタンで、ココロもカラダもほっこり温まってください。

今月の”料理長”は三國清三さんです。

「野菜ってこんなに甘いんだあ!」って感動する味。カマンベールチーズをたっぷり使うレシピですが、全体の糖質量は案外低いんですよ!

【材料】2人分

・カリフラワー…180g

・長ねぎ…60g

・カマンベール…100g

・白ワイン…大さじ4

・水…1/3カップ

・粉チーズ …大さじ2

・塩…少々

・胡椒…適宜

・ローズマリー…枝1本分

・バター…30g

【作り方】

1)カリフラワーは小房に分ける。長ねぎは5cm長さに切り、さらに縦の2等分に切る。カマンベールチーズは14等分に切る。

2)ボウルにカリフラワー、長ねぎ、白ワイン、水、粉チーズを合わせ、塩、コショウで軽く下味をつける。

3)耐熱皿にバター適宜を塗り、2を入れる。カマンベールチーズ、ローズマリー、残りのバターをちぎってのせる。

4)あらかじめ200℃に熱しておいたオーブンで約20分焼く。

(撮影:神林環、スタイリスト:茂木雅代)

■この記事は、2014年1月14日付本紙朝刊「ボンマルシェ」のコーナーの転載です

dancyu

Copyright(c)ボンマルシェ編集部 記事・画像の無断転用を禁じます

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

PROFILE

三國清三(みくに・きよみ)

1954年北海道増毛町生まれ。85年に東京・四ツ谷にフレンチレストラン「オテル・ドゥ・ミクニ」開店、現在に至る。「糖質オフのフレンチごはん」(青春出版社)近日発売予定。

おすすめ

花屋東信の15年間をまとめた作品集。衝動と熟考で生けてきた数多の花、真っ向正面から向き合ってきた軌跡をひとつに束ねた。

脱原発を訴えて世田谷区長に当選した著者。本書は自治体が発信力を高め、連携して日本を変えようという提言である

フードスタイリストとしても活躍の飯島奈美さんが手がける料理レシピを集めました

最小限の油で大幅カロリーオフ!「揚げる、炒める、煮込む」を一台でこなすマルチフライヤーがおすすめ

iPhone6/6Plus対応のケースやガラスフィルムが続々入荷

少し肌寒いな…と感じた時に活躍する、軽くて持ち運びに最適な防風ジャケットをご紹介


Shopping

  • ダイバーシティープロジェクト