リノベーション・スタイル

<56>レトロに暮らしをパッチワーク

  • 文 石井健
  • 2014年2月26日

  [cento]
 山田さん夫妻(夫44歳、妻37歳)
 東京都世田谷区
 築35年 / 64.41m²
 工事費850万円

 ご紹介するのは、昔のアメリカの住宅っぽいような、古い学校のような雰囲気が漂う部屋。ご夫婦の「レトロな雰囲気で」という要望に沿い、おふたりのセンスを生かして全体をまとめていきました。

 とても落ち着いた雰囲気ですが、ポイントはモスグリーンのカーペットや木の色の組み合わせ、そしてソファや家具の置き方にあります。ソファとテレビを対面させないというのは、インテリア上級者ですね。

 リビングに隣り合わせのキッチンシンクは、コの字型の木のカウンターつき。スツールをおいて、バーのように使うことができます。シンクの壁は木だけにするとのっぺりしてしまうので、スチールのバーを加えました。こうすることによって締まった印象になります。キッチンの隣にはパントリースペースがあり、食器などをたくさん収納できます。

 ソファの後ろにある白い“箱部屋”は寝室。ベッドを白い壁で囲んでいます。ウオークスルー・クローゼットと一体になっていて、クローゼットを通り抜けてぐるりと回遊できるのです。

 洗面所などは既存のものを活用していますが、木や金の金具などのディテールは、部屋の雰囲気に合わせて少し変えました。

 床は、キッチンとダイニングに細かいパーケット、ワークスペースにコルクタイル、トイレに塩ビタイルを使いました。おふたりの「レトロな雰囲気で」という要望に応えながら、用途やシーンに応じて床を切り替えました。“暮らしのパッチワーク”が落ち着いた雰囲気の中にうまくとけ込んでいますよね。

 今回は、最初の打ち合わせで方向性がほぼ決まり、物件購入前にほとんどプランが固まっていました。その分、素材などのディテールをあれこれ吟味することができました。

 色や素材の組み合わせ方、モノの置き方などあちこちに住み手のセンスがあふれています。いろいろと参考になりそうですね。

つづきはこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

PROFILE

石井健(いしい・たけし)

1969年、福岡県生まれ。「ブルースタジオ」執行役員。日本のリノベーション・シーンの創世期から500件以上を手がけてきた。「カンブリア宮殿」(テレビ東京系)でも「古い物件の家賃を倍にする不動産集団!」として紹介される。「郷さくら美術館」(東京・中目黒)で2012年度グッドデザイン賞受賞。 著書に『リノベーション物件に住もう』(共同編集/ブルースタジオ)

おすすめ

庫内温度は5度から55度まで自由に設定可能。電源ケーブルを差し替えれば、車のシガーソケットでも使用できる便利な小型保冷温庫

Lightningコネクターを搭載し、iPhoneやiPodtouchに保存した曲をワンタッチで迫力あるサウンドに

自動車業界で話題の「自動運転」機能をチョロQで実現

靴のしっかりしたフィット感と、サンダルの涼しさ、手軽さを併せ持った水陸兼用サンダル

活性炭とイオン交換樹脂の働きで12項目の物質を除去、水道水があっという間においしい水に

高層階で贅沢な朝食、華やかなラウンジでのんびりティータイム…


Shopping

  • ダイバーシティープロジェクト