昭和ごはん

昭和ごはん

PROFILE

高橋良枝(たかはし・よしえ)『日々』編集長

1942 年横浜生まれ。大学卒業後、出版社に入社、雑誌の編集に携わる。出産後7年間、2人の子どもを育てる専業主婦として、明治生まれの家事上手な祖母から学んだ料理や、新しい料理、菓子作りにいそしむ。30代半ばでフリーの編集者、ライターに。42歳で編集プロダクション「アトリエ・ヴィ」を設立、多くの雑誌や書籍の編集、PR 雑誌を制作。60歳を過ぎて料理や器、旅などをメインテーマにしたリトルマガジン『日々』を創刊、日々の暮らしにそっと寄り添う雑誌として、多くのファンを持つ。2015 年に創刊10周年を迎えた。70歳を超えた今も、好奇心のアンテナに引っかかる人やものがあると、軽やかに赴く。

BOOK

「昭和ごはん」(発行・朝日新聞出版) 高橋良枝 著

写真

シュッ、シュッ、かつお節を削る音。トントン、きゅうりを切る音。ジュージュー、さんまを焼く音。コトッ、コトッ、ふろふき大根を煮る音。懐かしい台所の音が、一冊に込められている。季節の「旬」を味わうレシピ70。「日々」の暮らしの中で紡いで来た昭和の家庭ごはん。
税込1620円

今、あなたにオススメ(PR)

Pickup!