59歳女性。数カ月前から食事をするたびに左あごからカクカクと音がします。かみ合わせが悪いと、大きな音がして痛みます。頭痛や肩こり、ひざの痛みなども左側です。歯科医院で口腔(こうくう)外科の受診を勧められましたが、自然治癒は見込めないでしょうか。(静岡・Y)

【答える人】船登雅彦さん 昭和大学歯科病院顎(がく)関節症治療科診療科長

Question 何の病気でしょうか。

Answer あごの関節や筋肉の異常で起きる「顎(がく)関節症」と考えられます。関節や筋肉の痛みのほか、口の開閉時に音がする、口を大きく開けられないというのが主な症状です。

Question 何が原因でしょうか。

Answer いくつもの要因が積み重なって症状が出ます。例えば、かみ合わせの異常、歯ぎしりや猫背、頰づえといった日常生活でのくせ、打撲、ストレス、長時間の携帯電話の操作があります。バイオリンや管楽器の演奏者で症状を訴える人もいます。

Question 相談者のような音がするのはなぜですか。

Answer 関節の間でクッションの役割をする「関節円板」が何らかの原因でずれた後、正常な位置に戻る時に音がします。放っておくと悪化して元に戻らなくなり、口を大きく開けられなくなります。

Question 治療法は。

Answer 患者さんにはまず、ふだんの生活に原因があれば改善してもらいます。血液の循環が良くなると痛みの原因物質も流れて痛みが和らぐので、発症から時間がたった人には関節の周辺を温めるように助言します。こめかみやほおのマッサージ、口を開けて関節を縦横に動かすストレッチも効果的です。

Question 自然に治りますか。

Answer 生活習慣の改善などで症状が治まる人もいます。就寝時のマウスピースは歯ぎしりによる関節などへの負担を減らしてくれます。かみ合わせを良くするために治療の早期に歯を削るのはおすすめしません。関節の癒着によって、関節を動かせない場合などは手術をすることもあります。受診先を選ぶ際には、日本顎関節学会が公表する専門医のリストが参考になります。  

質問には連絡先を。回答は紙面に限ります。

  • 【メール】  kenko@asahi.com
  • 【郵便】   〒104・8011 朝日新聞科学医療部
  • 【ファクス】 (東京)03・3542・3217
           (大阪)06・6201・0249

<アピタル:どうしました・口・歯>

http://www.asahi.com/apital/healthguide/hatena/