25歳の娘。妊娠10週目の時、病院で右の卵巣に腫瘍(しゅよう)があると言われました。妊婦がMRI検査を受けても大丈夫でしょうか。腫瘍は良性でも、出産ができるのか心配です。もし悪性であれば、出産をあきらめ、すぐに治療を始めなければならないのでしょうか。(北海道・W)

【答える人】阪埜浩司(ばんの・こうじ)さん 慶応大専任講師(産婦人科学)=東京都新宿区



Question 卵巣に腫瘍があるそうです。

Answer 卵巣は親指の先ぐらいの大きさで、子宮の両側に一つずつあり、さまざまな腫瘍ができやすい臓器です。腫瘍が小さい場合は無症状のことが多いです。卵巣腫瘍の約9割は良性で、約1割が悪性と言われています。良性と悪性の中間の「境界悪性」もあります。悪性の卵巣がんは50代前後によくみられます。

Question 妊娠中のMRI検査を心配しています。

Answer 腫瘍の状態は超音波検査で詳しくわかります。MRI検査は、良性か悪性かの判別が難しい時にします。X線を使っておらず被曝(ひばく)はしません。14週以降で造影剤を使わなければ、妊婦や胎児にも問題ないと考えられています。

Question 腫瘍があると出産に影響が出ますか?

Answer 妊娠初期に多いのは「ルテインのう胞」と呼ばれる良性の腫瘍で、たいていは妊娠16週までに自然に消えます。良性の腫瘍は血や水などがたまっており、大きさが5㌢以下ならば、そのままでも出産に問題はありません。

Question 5㌢を超えると?

Answer 卵巣を支えている靱帯(じんたい)がねじれたり、卵巣が破裂したりする危険性があるため、腫瘍を摘出する手術を検討します。胎盤ができる12週以降にするのが一般的です。

Question 悪性の場合は?

Answer 妊婦の卵巣がんは進行していない場合が大半です。がんが周りの臓器などに広がっていなければ、手術や抗がん剤治療を受けても出産できる可能性は残ります。状態によって出産後に治療に専念する選択もあります。卵巣が一つでも妊娠、出産は可能です。医師の指示に従って適切な治療を受けることが大切です。


質問には連絡先を。回答は紙面に限ります。

  • 【メール】  kenko@asahi.com
  • 【郵便】   〒104・8011 朝日新聞科学医療部
  • 【ファクス】 (東京)03・3542・3217
           (大阪)06・6201・0249


<アピタル:どうしました・女性>
http://www.asahi.com/apital/healthguide/hatena/