1歳の息子。生後2カ月の時、耳鼻咽喉科で舌小帯短縮症と診断されました。哺乳や食事に支障はないものの、成長してから発音に影響が出ないか不安です。医師からはひどい場合は手術も可能と聞きましたが、必要でしょうか。?(富山県・M)

 ■答える人 宮新美智世さん 東京医科歯科大学准教授(小児歯科)=東京都文京区

Questionどんな病気ですか。

Answer舌の下側と口の底をつなぐ薄いひも状のものが舌小帯で、乳児期は大人に比べて厚くて短い状態です。成長に伴って舌の動きが巧みになり、舌小帯も薄くなって伸びますが、何らかの理由で短いままの状態が短縮症です。

Question生活への影響は。

Answerかつては母乳がうまく吸えないなど哺乳障害との関係が疑われましたが、現在は否定的な見方が多いです。舌を前に出した時、舌先の真ん中がくぼんでハート形に見えるので、「ハート舌」と呼ばれることもありますが、元々先端がくぼんだ形の人もいるので、形だけでは診断しません。舌がどれぐらい動くかなど舌の機能で判断します。

Question発音について心配されていますが。

Answer子どもが正確な発音を身につけるのは5歳ごろです。発音に問題があり、舌小帯が原因と判断された場合は治療対象になりますが、頻度は高くありません。また5歳以降に治療を受けた上で、発音の訓練を始めても有効だという報告も複数あります。5歳まででも心配があれば言語聴覚士に相談してください。

Questionどんな治療ですか。

Answer手術で舌小帯を切って伸ばし、癒着を避けるために縫合します。周辺には傷つけたくない唾液腺や血管が存在し、形成術や粘膜移植など全身麻酔が必要な症例もあり、低年齢ほど負担です。相談者のお子さんは1歳で、これから舌小帯が伸びる時期を迎える上、発音に問題がないことも多いので、成長を見守ってあげてください。

■■■子どもの発音の問題■■■

 発音に問題を抱える子どものうち、生まれつき口の天井部分に隙間があるために空気が鼻に漏れる「口蓋裂」など手術が必要な原因がある子どもは、それほど多くありません。記事で取り上げた舌小帯短縮症で、発音に問題が生じて手術が必要となるケースも頻度としては高くありません。

 発音に問題を抱える多くは、原因がはっきりせず、舌や口の使い方に誤った発音の癖が付いてしまったケースなどが考えられます。横浜市総合リハビリテーションセンターによると、4~6歳で100人に2~4人程度はいるそうです。

 同センターは、適切な時期に発音の訓練をすれば改善されるとして、言語聴覚士らへの相談時期の目安を紹介しています。

 

▼発音の特徴と相談時期の目安

・「カ行がタ行になる」「タ行がカ行に」→3歳後半

・「サ行がタ行やシャ行に」「シャ行がチャ行」→4歳後半

・「ラ行がダ行に」→4歳後半

※鼻に抜けたような発音は、すぐに相談

(横浜市総合リハビリテーションセンターの資料から)

 言語聴覚士のいる施設は日本言語聴覚士協会のホームページで検索できます。

 

質問には連絡先を。回答は紙面に限ります。

  • 【メール】  kenko@asahi.com
  • 【郵便】   〒104・8011 朝日新聞科学医療部
  • 【ファクス】 (東京)03・3542・3217
           (大阪)06・6201・0249


<アピタル:どうしました・子ども>
http://www.asahi.com/apital/healthguide/hatena/