76歳の女性。夜、椅子に座ってテレビを見ていたら突然、部屋中が回っているように感じ、2時間ほど吐き気が続きました。その後も下を向いて新聞を読むなどすると気分が悪くなります。耳鳴りや頭痛はありません。どんな治療があるのでしょうか。(広島県・A)

 【答える人】 堤剛(つつみ・たけし)さん 東京医科歯科大学耳鼻咽喉科学講座教授=東京都文京区

Questionどんな病気が考えられますか。

Answer頭を動かした拍子に最初の発作が起きたなら、良性発作性頭位めまい症が考えられます。ぐるぐると目が回り、吐き気を伴うことがありますが、安静にしていると、めまいは通常、数十秒以内に消えます。頭を動かしていないのに回ったり長時間続いたりしたのなら、その他の内耳障害の可能性があります。

Question原因は。

Answer耳の奥には、「耳石器」と「三半規管」という体のバランスを保つための器官があります。良性発作性頭位めまい症は、耳石器にある耳石という小さな結晶が、三つある半規管のいずれかに入り込み、頭の位置を変えるときに半規管を刺激することで起きると考えられています。診断にはまず、発作時の症状を詳しく聞き取ります。必要に応じて体のバランスや眼球運動の検査をします。

Question治療法は。

Answer医師が患者の目の動きを観察して頭をゆっくり回転させて耳石をもとの場所に戻す治療法が有効です。頭を動かした時に起きるめまいの症状が軽い場合、頭を動かさずにいるとかえって長引く可能性があるので、あまり怖がらずに動くほうが症状の改善も早いとされます。吐き気には酔い止め薬などを使います。

Question他の病気の可能性は。

Answer二重の水風船のような構造をしている内耳の内側が水ぶくれ状態になることで起きるメニエール病、ウイルス感染が主な原因となる前庭神経炎でもめまいやふらつきは起きます。いずれも発作が持続するのが特徴です。治療にはメニエール病では利尿薬、前庭神経炎ではステロイドや抗ウイルス薬を使います。

質問には連絡先を。回答は紙面に限ります。

  • 【メール】  kenko@asahi.com
  • 【郵便】   〒104・8011 朝日新聞科学医療部
  • 【ファクス】 (東京)03・3542・3217
           (大阪)06・6201・0249

<アピタル:どうしました・その他>
https://www.asahi.com/apital/healthguide/hatena/