メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

  • ニュース

    タニタとつくる健康生活

    健康的なからだづくりは正しい知識から。体組成計などの健康計測機器やタニタ食堂で知られるタニタの研究員、管理栄養士などの専門家に、ダイエットや美容、健康づくりに役立つ情報を執筆していただきます。

  • ニュース

    認知症と生きるには

    2025年には高齢者の5人に1人がなるという認知症。いまや誰もが認知症とは無縁ではいられない社会を生きつつあります。症状には様々な段階があり、認知症の人も自分らしく生きていくことはできます。そのためには、認知症についての正しい理解が欠かせません。連載では、認知症の人や家族・支援者の心のケアに詳しい松本一生さんが認知症とともに生きるための道しるべを示します。

  • ニュース

    小児科医ママの大丈夫!子育て

    子育てに迷いや不安はつきもの。2児のママでもある小児科医の森戸やすみさんが、子どもの体と上手に向き合うヒントをつづります。

  • ニュース

    老活でいこう

    超高齢化社会を迎えた現代、私たちは人生の終わりに向けて備えるだけではなく、人生の最終段階をいかに生きるかを考える「老活(おいかつ)」が求められています。誰にでも必ずやってくる老いとどう向き合えばいいのか。哲学・死生学の専門家である清水哲郎さんと一緒に考えます。

  • ニュース

    患者安全を求めて

    医療を受ける前に、知っておいたほうがいいことは何でしょうか。コラム「患者安全を求めて」では、患者目線で安全な医療の実現に向けて提言をしてきた高校教師・勝村久司さんが、医療の諸問題についてつづります。

  • ニュース

    彩夏の〝みんなに笑顔を〟

    小児がん患者、車いすユーザーの視点から、社会や日常に対して思うことを綴ります。

  • ニュース

    それぞれの最終楽章

    どんな人にも、人生の終わりを奏でる「最終楽章」がめぐってきます。親の終末期に寄り添う方も多いでしょう。最期までどう生きるべきか、心身の老いや介護、看取りを見据え、どのような準備が必要か――。専門家たちが具体的な事例を交えて語ります。

  • ニュース

    野の花あったか話

    中国共通版で好評連載中の徳永進・野の花診療所院長によるコラムです。

  • ニュース

    感染症は国境を越えて

    時に猛威をふるい、大きな脅威になる感染症について、医師・高山義浩さんが現場レポートをまじえ報告します。在宅緩和ケアや厚生労働省での勤務経験も踏まえて、地域医療や介護についても語っていきます。

  • ニュース

    医療の実践型リーダーシップ

    日本の医療を動かす! イノベーターとして実践と提言を続ける祐ホームクリニック理事長の武藤真祐医師が、日本とシンガポールの医療・介護現場で感じたくことをメッセージとしてお届けします。

編集部オススメ

PR情報

Twitter

※ツイッターのサービスが混み合っている時などツイートが表示されない場合もあります。

PR注目情報

注目コンテンツ