メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

小児がん患者、車いすユーザーの視点から、社会や日常に対して思うことを綴ります。

イラスト・ふくいのりこ

リンパ浮腫のむくみ、解消目指し入院 手術できず着衣で(2019/5/3)

 2ヶ月振りのコラムです。お休みをいただいていた間、小児がんの晩期合併症であるリンパ浮腫の治療に専念していました。5週間の入院治療を経て、だいぶむくみも取れて、身体も軽くなり、日常生活にも馴染んできまし…[続きを読む]

アピタル・樋口彩夏

アピタル・樋口彩夏(ひぐち・あやか)

1989年、東京生まれ。中学2年の時、骨盤にユーイング肉腫(小児がん)を発症。抗がん剤、重粒子線などの治療を経て、車いすでの生活に。「いつ、誰が、どんな病気や障害をもっても、笑顔で暮らせる日本にしたい!」を目標に日々、奮闘中。当事者の視点から建設的に伝えることをモットーに執筆・講演も行っている。

PR情報

Twitter

※ツイッターのサービスが混み合っている時などツイートが表示されない場合もあります。

PR注目情報

注目コンテンツ