メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

小児がん患者、車いすユーザーの視点から、社会や日常に対して思うことを綴ります。

イラスト・ふくいのりこ

私が腕組みする理由は 第一印象は偉そうでも…(2019/5/30)

 「どうして、いつも腕を組んでいるんですか?」。高校生くらいの頃、頸髄損傷で車いすに乗っている男性Sさんに、尋ねてみたことがありました。すると、「最近、体幹が弱くなってきてね〜。こうしていると楽なんだよ…[続きを読む]

アピタル・樋口彩夏

アピタル・樋口彩夏(ひぐち・あやか)

1989年、東京生まれ。中学2年の時、骨盤にユーイング肉腫(小児がん)を発症。抗がん剤、重粒子線などの治療を経て、車いすでの生活に。「いつ、誰が、どんな病気や障害をもっても、笑顔で暮らせる日本にしたい!」を目標に日々、奮闘中。当事者の視点から建設的に伝えることをモットーに執筆・講演も行っている。

PR情報

Twitter

※ツイッターのサービスが混み合っている時などツイートが表示されない場合もあります。

PR注目情報

注目コンテンツ