メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

子育てに迷いや不安はつきもの。2児のママでもある小児科医の森戸やすみさんが、子どもの体と上手に向き合うヒントをつづります。

イラスト・森戸やすみ

子どもが泣いていても、離乳食は手作りするべき?(2019/5/28)

 この春に改定された、離乳食に関する国の指針「授乳・離乳の支援ガイド」について、前回はアレルギー予防の観点から書きました。今回は、ベビーフードの活用や十倍がゆについて書いていきます。以前、芸能人のママが…[続きを読む]

アピタル・森戸やすみ

アピタル・森戸やすみ(もりと・やすみ)小児科医

小児科専門医。1971年東京生まれ。1996年私立大学医学部卒。NICU勤務などを経て、現在はさくらが丘小児科クリニックに勤務。2人の女の子の母。著書に『小児科医ママの「育児の不安」解決BOOK』(内外出版)、共著に『赤ちゃんのしぐさ』(洋泉社)などがある。医療と育児をつなぐ活動をしている。

PR情報

Twitter

※ツイッターのサービスが混み合っている時などツイートが表示されない場合もあります。

PR注目情報

注目コンテンツ