メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

子育てに迷いや不安はつきもの。2児のママでもある小児科医の森戸やすみさんが、子どもの体と上手に向き合うヒントをつづります。

お腹の風邪、いつから食べさせる?(2017/10/2)

 「お腹の風邪」というのは、吐いたり下痢をしたりお腹が痛くなったりする状態のことを言いますね。熱がある時もない時もあります。外来診療をしていて「お子さんは胃腸炎ですね」と言うと「え?前のお医者さんは『お…[続きを読む]

アピタル・森戸やすみ

アピタル・森戸やすみ(もりと・やすみ)小児科医

小児科専門医。1971年東京生まれ。1996年私立大学医学部卒。NICU勤務などを経て、現在はさくらが丘小児科クリニックに勤務。2人の女の子の母。著書に『小児科医ママの「育児の不安」解決BOOK』(メタモル出版)、共著に『赤ちゃんのしぐさ』(洋泉社)などがある。医療と育児をつなぐ活動をしている。

Twitter

!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ