メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

【更新終了】兵庫県尼崎市で医院を経営する「ドクター和」こと長尾和宏医師が、地域に密着した「町医者」の視点で熱く語ります。

紹介動画

アピタル・長尾和宏

アピタル・長尾和宏(ながお・かずひろ)長尾クリニック院長

長尾クリニック院長。東京医科大客員教授(高齢総合診療科)。1958年香川県生まれ。84年東京医科大学卒、大阪大学第二内科入局。阪神大震災をきっかけに、兵庫県尼崎市で長尾クリニックを開業。商店街にある小さな診療所でしたが、現在は7人の医師が365日24時間態勢で外来診療と在宅医療に励んでいます。

Twitter

注目コンテンツ