メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月30日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

2025年には高齢者の5人に1人がなるという認知症。いまや誰もが認知症とは無縁ではいられない社会を生きつつあります。症状には様々な段階があり、認知症の人も自分らしく生きていくことはできます。そのためには、認知症についての正しい理解が欠かせません。連載では、認知症の人や家族・支援者の心のケアに詳しい松本一生さんが認知症とともに生きるための道しるべを示します。

イラスト・ふくいのりこ

コラム 認知症の人のこころとつきあう覚悟(2017/4/27)

 父親の急逝により、両親が開設した診療所を急きょ継ぐことになった私のもとを訪れた田中優子さん(仮名)。彼女は「認知症になったのではないか」と思い周囲に相談しますが、理解してもらえませんでした。そして、そ…[続きを読む]

アピタル・松本一生

アピタル・松本一生(まつもと・いっしょう)精神科医

松本診療所(ものわすれクリニック)院長、大阪市立大大学院客員教授。1956年大阪市生まれ。83年大阪歯科大卒。90年関西医科大卒。専門は老年精神医学、家族や支援職の心のケア。大阪市でカウンセリング中心の認知症診療にあたる。著書に「認知症ケアのストレス対処法」(中央法規出版)など

Twitter

!

MYキーワードをリニューアルしました

!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】カーネーションだけじゃない

    センス光る母の日ギフト〈PR〉

  • 【&TRAVEL】記念展示やグッズがいっぱい

    スヌーピー博物館1周年

  • 【&M】デロンギに隠された「伝統」

    イタリアのプロダクト考

  • 【&w】「今」を切り取り歌い続ける

    秦 基博インタビュー

  • ブック・アサヒ・コム女優のん「コミック感想文」

    80年代のアイテムが楽しい

  • WEBRONZA『王家の紋章』リメイク版

    わかりやすく、印象が一新

  • 写真

    ハフポスト日本版 ビキニのセレブ100連発

    夏はもうちょっと先だけど          

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ