メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

2025年には高齢者の5人に1人がなるという認知症。いまや誰もが認知症とは無縁ではいられない社会を生きつつあります。症状には様々な段階があり、認知症の人も自分らしく生きていくことはできます。そのためには、認知症についての正しい理解が欠かせません。連載では、認知症の人や家族・支援者の心のケアに詳しい松本一生さんが認知症とともに生きるための道しるべを示します。

イラスト・福井典子

コラム 彼女は離れ、会社にも見放され あえぐ若年性認知症患者(2018/7/12)

 これまで認知症本人のこころの変化を知ることがいかに大切なことか、家族のこころにもよりそうことが大事であるかをコラムで書いてきましたが、今回はここ20年ほどの間、私が力を入れて取り組んできた若年性認知症…[続きを読む]

アピタル・松本一生

アピタル・松本一生(まつもと・いっしょう)精神科医

松本診療所(ものわすれクリニック)院長、大阪市立大大学院客員教授。1956年大阪市生まれ。83年大阪歯科大卒。90年関西医科大卒。専門は老年精神医学、家族や支援職の心のケア。大阪市でカウンセリング中心の認知症診療にあたる。著書に「認知症ケアのストレス対処法」(中央法規出版)など

Twitter

!

シンプルコースも「auかんたん決済」で

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】高齢者の安否確認にも使える

    留守中の部屋を見守るロボット

  • 写真

    【&TRAVEL】マグロも堪能、不老ふ死温泉

    連載「原田龍二の温泉番長」

  • 写真

    【&M】成長を続けた2代目MR2

    トヨタの冒険心を引き継ぐ1台

  • 写真

    【&w】渡愛6カ月で人生急転

    アイルランドの台所

  • 写真

    好書好日元祖「モガ」の人物像に迫る

    没後10年 石井桃子展

  • 写真

    WEBRONZA「民泊新法」がもたらすもの

    民泊に新たな秩序をもたらすか

  • 写真

    アエラスタイルマガジン世界のベストレストラン50

    日本人の最高位は17位「傳」

  • 写真

    T JAPANイサム・ノグチの仕事を観る

    光や空間までも“彫刻”した男

  • 写真

    GLOBE+子どもの学校どうしよう

    子連れで特派員@ベトナム

  • 写真

    sippo施設前で鳴いていた子猫

    新入り“住み込みスタッフ”に

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ