メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

中国共通版で好評連載中の徳永進・野の花診療所院長によるコラムです。

「いいケアって何ですか?」不意に本質を問われて(2019/3/23)

 講演を終えると座長が会場に向かって「何か質問は?」と言う。大抵は何もない。「では私から一つ」、と座長が恒例で言って会は終わる。先日の岡山での会、珍しく会場から手が上がった。看護や介護の実践の場に身を置…[続きを読む]

アピタル・徳永進

アピタル・徳永進(とくなが・すすむ)野の花診療所医師

1948年鳥取市生まれ。京都大学医学部卒業。京都、大阪の病院・診療所を経て、鳥取赤十字病院の内科医に。2001年12月、鳥取市内にてホスピスケアのある有床診療所「野の花診療所」を始め、さまざまな死の形を臨床から報告。鳥取市にセミナーハウス「こぶし館」を建築し26年になる。

PR情報

Twitter

※ツイッターのサービスが混み合っている時などツイートが表示されない場合もあります。

PR注目情報

注目コンテンツ