メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月06日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

超高齢化社会を迎えた現代、私たちは人生の終わりに向けて備えるだけではなく、人生の最終段階をいかに生きるかを考える「老活(おいかつ)」が求められています。誰にでも必ずやってくる老いとどう向き合えばいいのか。哲学・死生学の専門家である清水哲郎さんと一緒に考えます。

アピタル・清水哲郎

アピタル・清水哲郎(しみず・てつろう)岩手保健医療大学・学長

1947年東京近郊生まれ。69年東京大学理学部天文学科卒。その後、東京都立大学学部・大学院で哲学を専攻。北海道大学、東北大学大学院の哲学教員、東京大学大学院の死生学・応用倫理特任教授を経て、2017年より現職。医療現場に臨む哲学を試み、医療従事者と共同で臨床倫理検討システムの開発に取り組む。老いの季節をどう生きるか、自らを実験台にしつつ読者と共に考えたい。

PR情報

Twitter

※ツイッターのサービスが混み合っている時などツイートが表示されない場合もあります。

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&D】グリーンの選び方のポイント

    生活を豊かに過ごすために

  • 写真

    【&TRAVEL】「月の谷」で月面散歩!?

    1日1旅

  • 写真

    【&M】眠りの質を見える化

    スリープテックビジネスの今

  • 写真

    【&w】テレワークがはかどるリノベ

    リノベーション・スタイル

  • 写真

    好書好日馬鹿ブス貧乏のサバイバル術

    藤森かよこさんの人生指南

  • 写真

    論座学校給食に余剰農作物

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジングッチが再びコラボ!

    チルドレンズコレクション

  • 写真

    T JAPAN連載・おやじのおやつ

    『週刊少年ジャンプ』編集長

  • 写真

    GLOBE+席は窓側、感染避けるヒント

    NYタイムズ世界の話題

  • 写真

    sippo短命でも、一緒に幸せに

    心臓病の子猫を迎えた夫妻

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ