メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

超高齢化社会を迎えた現代、私たちは人生の終わりに向けて備えるだけではなく、人生の最終段階をいかに生きるかを考える「老活(おいかつ)」が求められています。誰にでも必ずやってくる老いとどう向き合えばいいのか。哲学・死生学の専門家である清水哲郎さんと一緒に考えます。

イラスト・シマダユミコ

「終末期」ではなく「人生の最終段階」の医療へ(2018/3/23)

 前回は、「人生の終わりの時期」をどう理解するかを、医療ケアの面から考えた。がん治療をモデルにし、医学的に時期が決まる従来の「ターミナル・ケア」。それに対して、近年登場した「エンドオブライフ・ケア」は、…[続きを読む]

アピタル・清水哲郎

アピタル・清水哲郎(しみず・てつろう)岩手保健医療大学・学長

1947年東京近郊生まれ。69年東京大学理学部天文学科卒。その後、東京都立大学学部・大学院で哲学を専攻。北海道大学、東北大学大学院の哲学教員、東京大学大学院の死生学・応用倫理特任教授を経て、2017年より現職。医療現場に臨む哲学を試み、医療従事者と共同で臨床倫理検討システムの開発に取り組む。老いの季節をどう生きるか、自らを実験台にしつつ読者と共に考えたい。

Twitter

※ツイッターのサービスが混み合っている時などツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】圧迫感にサヨナラ!

    快適な開放型イヤホン

  • 写真

    【&TRAVEL】美食も自炊も「地獄蒸し」で

    楽しいひとり温泉

  • 写真

    【&M】ブームの南インドカレー

    エー・ラージ(東京・東池袋)

  • 写真

    【&w】インスタ時代の新しいパン屋

    このパンがすごい!

  • 写真

    好書好日宝塚の美、元スターが伝授

    ヅカファンの男性が試してみた

  • 写真

    WEBRONZA外国人労働者拡大の危うさ

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン山本編集長が語る選ぶべき靴

    ビジネスで最適な一足とは?<PR>

  • 写真

    T JAPAN勅使川原三郎、ゼロに還る勇気

    プロとして表現し続けるために

  • 写真

    GLOBE+検査は万能ではありません

    連載「英国のお医者さん」

  • 写真

    sippo野生化した猫も元飼い猫

    都内で「森ネコ」の飼い主探し

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ