メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

超高齢化社会を迎えた現代、私たちは人生の終わりに向けて備えるだけではなく、人生の最終段階をいかに生きるかを考える「老活(おいかつ)」が求められています。誰にでも必ずやってくる老いとどう向き合えばいいのか。哲学・死生学の専門家である清水哲郎さんと一緒に考えます。

アピタル・清水哲郎

アピタル・清水哲郎(しみず・てつろう)岩手保健医療大学・学長

1947年東京近郊生まれ。69年東京大学理学部天文学科卒。その後、東京都立大学学部・大学院で哲学を専攻。北海道大学、東北大学大学院の哲学教員、東京大学大学院の死生学・応用倫理特任教授を経て、2017年より現職。医療現場に臨む哲学を試み、医療従事者と共同で臨床倫理検討システムの開発に取り組む。老いの季節をどう生きるか、自らを実験台にしつつ読者と共に考えたい。

PR情報

Twitter

※ツイッターのサービスが混み合っている時などツイートが表示されない場合もあります。

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&AIRPORT】人生変えた初めての海外旅行

    写真家・三井昌志さん

  • 写真

    【&TRAVEL】モルディブの首都マレへ

    楽園ビーチ探訪

  • 写真

    【&M】スノーピーク製品プレゼント

    ローチェア、寝袋、ケトルなど

  • 写真

    【&w】一生懸命うそをつきたい

    明日の私に還る

  • 写真

    好書好日美胸筋は一日にしてならず

    「新日本プロレス胸筋図鑑」

  • 写真

    論座死について語り合おう

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンタトラスのパンツが最高!

    旬のイージーパンツのオススメ

  • 写真

    T JAPAN八嶋智人さんの偏愛おやつ

    ひと手間ちがう、レモンケーキ

  • 写真

    GLOBE+露わになった「人種差別」

    新型ウイルス流行から考える

  • 写真

    sippo家を2度失ったオスの三毛猫

    懐っこく保護猫カフェで人気に

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ