メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

この連載は、筆者の桜井なおみさんが所属する一般社団法人CSRプロジェクトで実施している「働く世代のがん」に関わる様々な社会調査結果をもとに声なき声を明らかにしていきます。皆さんに少しだけ「がんと就労」について考えてもらう材料を提供したいと思います。

個人モデルと社会モデルの概要

コラム 病気は「頼る勇気」と「お互い様」 生きやすい社会を(2018/4/27)

 個人モデル、社会モデルという言葉を皆さんは聞いたことがありますか?個人モデルは、病気になったのは、「病気や障害など、困難に直面するのは個人に課題があり、自己責任で解決すべき」という考え方のことをいいま…[続きを読む]

アピタル・桜井なおみ

アピタル・桜井なおみ(さくらい・なおみ)一般社団法人CSRプロジェクト代表理事

東京生まれ。大学で都市計画を学んだ後、卒業後はコンサルティング会社にて、まちづくりや環境学習などに従事。2004年、30代で乳がん罹患後は、働き盛りで罹患した自らのがん経験や社会経験を活かし、小児がん経験者を含めた患者・家族の支援活動を開始、現在に至る。社会福祉士、技術士(建設部門)、産業カウンセラー。

Twitter

!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ