メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月13日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

福岡市在住の内科医・酒井健司さんが、患者と医師の接点についてあれこれつづります。

内科医・酒井健司の医心電信

感染症検査には一長一短 B型肝炎の例から考えると(2020/7/13)

 感染症の検査には、病原体を顕微鏡で目視したり培養したりするもの、PCR法などの病原体の遺伝子を検出するもの、病原体の作るたんぱく質を検出する抗原検査、抗体検査をはじめとした体の免疫反応をみるものがあり…[続きを読む]

PR情報

Twitter

※ツイッターのサービスが混み合っている時などツイートが表示されない場合もあります。

PR注目情報

注目コンテンツ