メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

福岡市在住の内科医・酒井健司さんが、患者と医師の接点についてあれこれつづります。

その他 医学者が自分の体を実験台にするのは、倫理的に問題か?(2019/6/17)

 自分の静脈から心臓までカテーテルを挿入したフォルスマンや、コレラ菌を飲んだペッテンコーファーなど、自分の体で実験した医学者はたくさんいます。他にも、ブドウ球菌に汚染されたケーキを食べて食中毒が起きるこ…[続きを読む]

アピタル・酒井健司

アピタル・酒井健司(さかい・けんじ)内科医

1971年、福岡県生まれ。1996年九州大学医学部卒。九州大学第一内科入局。福岡市内の一般病院に内科医として勤務。趣味は読書と釣り。医療は奥が深いです。教科書や医学雑誌には、ちょっとした患者さんの疑問や不満などは書いていません。どうか教えてください。みなさんと一緒に考えるのが、このコラムの狙いです。

PR情報

Twitter

※ツイッターのサービスが混み合っている時などツイートが表示されない場合もあります。

PR注目情報

注目コンテンツ