メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

朝日新聞アピタル編集長の岡崎明子が、「いま」を映し出す旬な人に、ズバッと聞きます。

窓口に生理用品の配布カードを置いたことを呼びかけるパネルが設けられた=3月29日、山梨県中央市、永沼仁撮影

ケン・ローチも描いた生理の貧困 想像力が社会を動かす(2021/4/14) 有料会員記事

 ■岡崎明子の「多事奏論」タブーという言葉の語源は、一説にポリネシア諸語で「月経(生理)」も意味する「tapu」といわれる。確かに私自身、体調が悪い理由が風邪なら言うが、生理痛だったらひた隠す。これって…[続きを読む]

聞き手=アピタル編集長・岡崎明子

聞き手=アピタル編集長・岡崎明子(おかざき・あきこ)

科学医療部記者。広島支局をふり出しに、科学医療部で長く勤務。おもに医療、医学分野を担当し、生殖医療、がんなどを取材。特別報道部時代は、加計学園獣医学部新設問題の取材で日本ジャーナリスト会議(JCJ)賞を受賞。オピニオン編集部デスクを経て、2020年4月からアピタル編集長。

PR情報

Twitter

※ツイッターのサービスが混み合っている時などツイートが表示されない場合もあります。

PR注目情報

注目コンテンツ

  • 写真

    【&Education】次世代を担う子どもたちへ

    「デザイン的思考」の大切さ

  • 写真

    【&M】家族時間を充実させるヒント

    爆笑問題・田中さん<PR>

  • 写真

    【&TRAVEL】お部屋でアフタヌーンティー

    JWマリオット奈良で体験

  • 写真

    【&M】キャンプにも災害時にも活用

    重宝するコンパクトライト

  • 写真

    【&w】渋谷の喧騒を離れて……

    book cafe「BAG ONE」

  • 写真

    好書好日「食べるものがない」外国人

    食の多様化が遅れる日本

  • 写真

    論座聖火リレーがスタートして

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンバーニーズ ニューヨークの

    今春いち押しスーツ&コーデ

  • 写真

    Aging Gracefullyポジティブに年齢を重ねる

    美容とエクオールの働き

  • 写真

    GLOBE+アジア系差別、沈黙やめた私

    「シャイで従順」からの転換

  • 写真

    sippo犬猫と暮らす素晴らしさ

    ペットに何を返せるのか考える

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ