メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

「患者を生きる」は、2006年春から朝日新聞生活面で連載している好評企画です。病気の患者さんやご家族の思いを描き、多くの共感を集めてきました。

玉桜ことのさん(右)の手術を担当した大阪市立大病院の橋本祐介医師=大阪市内

スポーツ ひざの前十字靱帯を手術 リハビリの日々、復帰へ焦り(2018/9/18) 有料記事

 ■患者を生きる・スポーツ「靱帯損傷」(2)女子サッカー、セレッソ大阪堺レディースのFW玉桜ことのさん(20)は2016年11月、練習試合で着地したとき、右ひざをひねり、激痛に襲われた。病院に行くと、右…[続きを読む]

Twitter

注目コンテンツ