メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月13日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

「患者を生きる」は、2006年春から朝日新聞生活面で連載している好評企画です。病気の患者さんやご家族の思いを描き、多くの共感を集めてきました。

1回目の脳出血を起こす前、自宅近くのレストランで一家で食事をする加々井裕子さん(中央)(2007年ごろ、本人提供)

食べる 「口から食べさせたい」脳出血で倒れた妻、胃ろうに(2018/11/13) 有料記事

 ■患者を生きる・食べる「嚥下障害」(1)東京都三鷹市の加々井裕子(かがいひろこ)さん(62)は、「あいうえお」の50音が書かれた文字盤に人さし指を一つずつ置いて言葉を紡ぐ。「わたしにとって、たべるとい…[続きを読む]

Twitter

※ツイッターのサービスが混み合っている時などツイートが表示されない場合もあります。

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】大切なものにペタッと貼るだけ

    なくしたものを見つけられる

  • 写真

    【&TRAVEL】平成元年にワープする喫茶店

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】SNSに追い立てられない人生

    人生を幸せにする使い方

  • 写真

    【&w】自分でサーバーから注ぐお茶

    鎌倉から、ものがたり。

  • 写真

    好書好日防弾少年団、ブレイクの理由

    新書「K-POP」著者が語る

  • 写真

    WEBRONZA米中間選挙で勝ったのは?

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン「無病息災」を願って贈る

    おいしくてヘルシーな手土産

  • 写真

    T JAPANデュシャンと日本美術の共通点

    便器と竹筒が、なぜアートに?

  • 写真

    GLOBE+神様がスマホを強制終了

    異邦人が過ごした「安息日」

  • 写真

    sippo猫は本当に魚好き?

    猫の味覚を動物学者が分析

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ