メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

「患者を生きる」は、2006年春から朝日新聞生活面で連載している好評企画です。病気の患者さんやご家族の思いを描き、多くの共感を集めてきました。

趣味で続ける和太鼓の発表会での広川さん(前列中央)。夜間の頻尿は続いているが、日中は積極的に外出するようにしている(9月7日、本人提供)

眠る 突然の尿意、夜中も目が覚め… でも人生楽しみたい(2019/10/17) 有料記事

 ■患者を生きる・眠る「膀胱がん」(3)神奈川県の広川和子さん(78)は2011年10月、膀胱(ぼうこう)がんの手術を受けた後、頻尿に悩まされるようになった。日中の外出が、とても怖かった。自宅から最寄り…[続きを読む]

PR情報

Twitter

※ツイッターのサービスが混み合っている時などツイートが表示されない場合もあります。

PR注目情報

注目コンテンツ