メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

「患者を生きる」は、2006年春から朝日新聞生活面で連載している好評企画です。病気の患者さんやご家族の思いを描き、多くの共感を集めてきました。

「何度もトイレに起きるのは年のせいだと考えていた」と話す徳田美保さん=京都市

眠る 一晩にトイレ5回…年のせい? 頻尿の裏に潜む病気は(2019/8/24) 有料記事

 ■【まとめて読む】患者を生きる・眠る「夜間頻尿」京都市の徳田美保(とくだ・みほ)さん(80)は、70歳になったころ、夜何度もトイレに起きるようになりました。眠りを妨げられ、困っていましたが、「年のせい…[続きを読む]

PR情報

Twitter

※ツイッターのサービスが混み合っている時などツイートが表示されない場合もあります。

PR注目情報

注目コンテンツ