メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

引退後、経営に口挟まず 伊奈輝三(19)

:トステム創業者・故潮田健次郎氏の長男でLIXIL会長の洋一郎氏拡大トステム創業者・故潮田健次郎氏の長男でLIXIL会長の洋一郎氏

:  

【愛知に人あり】会社は社員の生活舞台 伊奈輝三(19)

 「伊奈さん、息子さんは就職の時期でしょう。放っておいていいんですか」

 INAX会長の伊奈輝三(てるぞう)(75)は1996年ごろ、後任社長の水谷千加古(ちかひさ)(74)から、こう聞かれた。伊奈は「本人と話してみるわ」。

 大学3年生の長男にINAXに入りたいか尋ねたが、長男は別にやりたいことがあると通信会社に就職した。

 伊奈はINAXの前身、伊奈製陶創業者の父長三郎から仕事の話を聞いたことがない。伊奈も長男に後を継げと言わなかった。「資本と経営の分離。公私の区別。それができた」。水谷の伊奈評だ。

 アルミサッシ首位のトステムを一代で築いた潮田(うしおだ)健次郎。長男の洋一郎(59、現LIXIL会長)と家で話すことと言えば、決まって仕事の話だった。「経営者が、いかに面白いか。そればかり」と洋一郎。大学に進学し、後継を意識し始めた。

 「私の遺言だと思って受け入れてほしい」。潮田は統合から3年後の04年、伊奈に頼んだ。INAXトステム・ホールディングスから「住生活グループ」に社名を変更。潮田は数々の会社を買収して傘下に置いてきたが、そのままでは他の企業が合流しにくいからだと説明した。

 INAX内の見方は違った。「INAXの名が先にあるのが嫌だったのでは」

 07年。潮田は長男の洋一郎が仕事をしやすくするため、役員の定年を65歳にした。これを受け、潮田や伊奈ら持ち株会社の取締役4人は一斉に退任。洋一郎が会長兼最高経営責任者(CEO)に就いた。潮田父子が、世襲を完成させた瞬間だった。

 潮田は一線を退いても、役員からリポートを取り寄せて、会長の息子の頭越しに担当者を呼びつけた。一方の伊奈は、経営には余分な口を挟もうとしなかった。

 対照的な2人。潮田の長男の洋一郎に、伊奈の振る舞いは驚きだった。「父が伊奈さんにINAXの経営について何か言うと、『社長が決めること』と常に一歩引いていた。父と全く違った」

 潮田は創業者で、自分は2代目。伊奈は立場が違うと思った。「伊奈製陶を創業した父も、息子の私が継いで喜んだと思う」。伊奈は、洋一郎への世襲を後押しした。=敬称略

豊富なコンテンツをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

※有料記事の一部を自動で取り出して紹介しています。
検索フォーム

ここから広告です

名古屋報道センターから

身のまわりで起きたニュースや、記事へのご意見、ご感想もお寄せ下さい。メールはこちらから

朝日新聞 名古屋編集局 公式ツイッター

ここから広告です

広告終わり

ここから広告です

広告終わり

ここから広告です

広告終わり

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】気になったら即吸引!

    超スリムスタイルの掃除機

  • 写真

    【&TRAVEL】「赤い宝石」を狙って海へ

    太公望のわくわく

  • 写真

    【&M】「白岩玄×武田砂鉄」対談

    会社で守られる男のプライド

  • 写真

    【&w】夢とテレパシーは関係ある?

    野村友里×UA 往復書簡

  • 写真

    好書好日20年ぶり、日本映画に参加

    ワダエミ、衣装に込めた思い

  • 写真

    WEBRONZA改憲で自衛隊員は増えるか?

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン10年付き合える服とは?

    ゆとり世代が作る「10YC」

  • 写真

    T JAPAN『女王陛下のお気に入り』に主演

    女優エマ・ストーン独占インタビュー!

  • 写真

    GLOBE+歌姫のタトゥーに学ぶこと

    サンドラ・ヘフェリンさんの眼

  • 写真

    sippo犬猫のためのボランティア

    活動いろいろ、無理せずに

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ