メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月06日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

+Cスペシャル【寺社逸品】

明智光秀の供養行事(可児市・天龍寺)

写真:明智光秀の位牌の高さは180センチ超ある=岐阜県可児市瀬田 拡大明智光秀の位牌の高さは180センチ超ある=岐阜県可児市瀬田

●「逆臣」の知将の一面知る

 武将・明智光秀といえば本能寺の変(1582年)で主君を討った「逆臣」の印象が強いが、ゆかりの地では顕彰もさかんだ。生誕地と有力視される明智城跡がある岐阜県可児市では戦の時期に供養行事があり、今年で43年になる。

 発起人の林則夫市議(80)は「地元の人は長年、明智氏を快く思っていなかった」と振り返る。周辺が戦場になったり、本能寺の変後には迫害におびえたり。「口をつぐみ、触れない。先人の心境は察するに余りある」。生誕有力地といえど、史料は乏しい。

 供養行事は「400年たつのだから」と呼びかけ、明智氏歴代の墓がある城跡近くの天龍寺で始めた。寺には命日6月13日にちなむ、6尺1寸3分(180センチ超)の巨大位牌や木造の光秀像などもある。

 連歌や茶道に通じた教養人で、政治手腕などから知将と称される一面もある光秀。新緑の季節、城跡散策とともに足跡をたどってみてはいかがだろうか。(原知恵子)

《岐阜県可児市瀬田1242。名鉄明智駅より徒歩20分。供養祭は毎年6月第2土曜で、今年は11日午後1時半からの予定。明智城跡には散策路もある。》

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

名古屋報道センターから

身のまわりで起きたニュースや、記事へのご意見、ご感想もお寄せ下さい。メールはこちらから

朝日新聞 名古屋編集局 公式ツイッター

ここから広告です

広告終わり

ここから広告です

広告終わり

ここから広告です

広告終わり

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ