メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

文化

松本俊夫著作集成刊行に寄せて―越後谷卓

写真:「松本俊夫著作集成(1)」 拡大「松本俊夫著作集成(1)」

●時代読み解く柔軟な思考

 昨年11月から12月に、愛知芸術文化センターで「第20回アートフィルム・フェスティバル」を開催した。多彩なプログラム構成だったが、観客からの関心が高かったものの一つが、『松本俊夫著作集成(1)一九五三−一九六五』(森話社)の刊行を記念する「松本俊夫新発見&再発見」で、彼のカリスマ的人気の強さを改めて実感する出来事だった。

 松本俊夫は1932年名古屋市生まれの映画監督で、一般的にはピーター主演の劇映画『薔薇の葬列』(1969年)で知られている。その活動領域は幅広く、ドキュメンタリー、実験映画、ビデオアート、映像インスタレーションまで、映像表現のほぼすべてのフィールドをカバーしている。さらに、実作に留まらず、執筆活動にも積極的で、評論家、映像理論家の側面もある。上映会から約半年の後に刊行されたこの書物は、全4巻構成が予告されているので、松本の著述活動のスタート地点を見渡すものといえる。

 デビュー作『潜函』(1957年)は、電力会社のトンネル工事を記録する企業PR映画だったが、その撮影時に、朝鮮人や農家の次男、三男など、容易に仕事に就くことが出来ない社会的弱者が過酷な工事におもむかねばならない現実を目の当たりにする。「『マンモス潜函』を完成して」は、企業PRという枠組みのため、それを十分に映画に反映できなかった無念がつづられているのだが、この「著作集成」で改めて読み直してみると、50年以上たった今日の社会もほぼ状況が変わらないことに気づき驚く。

 初期の松本は、アバンギャルドとドキュメンタリーという、相反する概念の統合を主張して注目されたが、それが純粋な美学的見地によるのではなく、現実社会の矛盾に引き裂かれながら導き出されていたことが分かる。

 映画に留まらず美術や文学などへの言及も多く、ジャンルを横断した柔軟な思考は、専門領域の細分化が著しい現在の状況を解きほぐす意味でも、我々に新鮮な刺激を与えてくれるだろう。(愛知県美術館主任学芸員)

ここから広告です

名古屋報道センターから

身のまわりで起きたニュースや、記事へのご意見、ご感想もお寄せ下さい。メールはこちらから

朝日新聞 名古屋編集局 公式ツイッター

ここから広告です

広告終わり

ここから広告です

広告終わり

ここから広告です

広告終わり

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】タブレットにもなる超薄型PC

    薄さ約9.9ミリ、重量約775g

  • 写真

    【&TRAVEL】激揺れバスでヒマラヤ登山口

    再び「12万円で世界を歩く」

  • 写真

    【&M】時代に合ったコンセプトカー

    小川フミオの「世界の名車」

  • 写真

    【&w】森でいちばんのもふもふ

    ふくろうの赤ちゃん

  • 写真

    好書好日埼玉の人、ごめんなさい

    魔夜峰央「翔んで埼玉」映画に

  • 写真

    WEBRONZA橋本治は「体」の人だった

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン2シーターを楽しむジャガー

    2台目に欲しいスポーツカー

  • 写真

    T JAPANせきねきょうこが選ぶホテル

    新・東京ホテル物語 第36回

  • 写真

    GLOBE+候補者なんと73人

    ナイジェリアの大統領選

  • 写真

    sippo倉庫の中で産まれた子猫

    新しい家で兄貴分に出会う

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ