メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

+Cスペシャル【東海空感】

ギザギザらせん

写真:らせん階段の上からは、ぐるぐる続く美しいデザインが見られる=名古屋市中村区、吉本美奈子撮影 拡大らせん階段の上からは、ぐるぐる続く美しいデザインが見られる=名古屋市中村区、吉本美奈子撮影

 見下ろすと、渦を巻く、らせん階段に吸い込まれそうに。名古屋駅西の10階建てホテル「チサンイン名古屋」。オレンジ色の円い形で、「とうもろこしホテル」とも呼ばれる。

 赤と青の手すりの階段が二つあり、見る角度によって、階段側面の黄色が稲妻のようなギザギザ模様として現れる。10階から階段を下りてみた。フロアごとにドアの色が違う。180歩以上歩き、目を回しながら1階にたどり着いた。清掃作業などで利用する女性も「慣れるのに3カ月かかった」と笑う。階段を利用した宿泊者からは「感激した」との感想が寄せられると、片山竜三マネジャー(46)は話す。

 ホテルができたのは1973年。円い形にした理由は「効率」という。三角形の土地に、効率よく客室を確保し、いかに収益を上げるか。真ん中に中庭を置き、採光などを考慮した。客室は375室と見た目より多く、月に約1万人が宿泊するという。

 当初は建築雑誌などでも取り上げられ、その後もネットで注目を集めた建築物で、今秋に「メジャーデビュー」した。名古屋の魅力を紹介する「やっとかめ文化祭」内の「まち歩きなごや」のコースとして組み込まれた。企画したのは建築家の栗本真壱さん(41)。不思議な建物の理由を知り、普段は入れない内部も見られるとあって、ツアーは大人気。らせん階段では、写真を撮る見学者の手やカメラが突き出ていた。「建物が知られることで、建設に携わった人や、現在、関係する方にも自信や誇りを持ってもらえるのでは」と栗本さんは考えている。(吉本美奈子)

PR情報

ここから広告です

名古屋報道センターから

身のまわりで起きたニュースや、記事へのご意見、ご感想もお寄せ下さい。メールはこちらから

朝日新聞 名古屋編集局 公式ツイッター

ここから広告です

広告終わり

ここから広告です

広告終わり

ここから広告です

広告終わり

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】ハン・ソロなりきり水鉄砲

    フォースと共に

  • 写真

    【&TRAVEL】サマルカンドからテルメズへ

    三蔵法師を巡るディープ旅

  • 写真

    【&M】高橋愛を支えきった新垣里沙

    モー娘。復権までの道のり

  • 写真

    【&w】前人未到の境地

    「草間彌生」展

  • 写真

    好書好日ももクロ10周年記念本

    担当編集者が込めた思い

  • 写真

    WEBRONZA女性科学者の#Me Too

    学者として生き残った私の声

  • 写真

    アエラスタイルマガジンジュラシックシリーズ最新作

    恐竜をめぐる重厚な人間ドラマ

  • 写真

    T JAPANイサム・ノグチの仕事を観る

    光や空間までも“彫刻”した男

  • 写真

    GLOBE+ロヒンギャの友と私の15年

    ミャンマーの故郷を訪ねる夢は

  • 写真

    sippo出入り自由、自然体の猫

    アイヌ工芸作家を見守る

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ