メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

先言深語

加藤電機 加藤学社長(愛知県半田市)

写真:加藤電機の加藤学社長(左)=上田潤撮影 拡大加藤電機の加藤学社長(左)=上田潤撮影

写真:「見守りサービス」の捜索用端末。画面には、高齢者らが身につける発信器までの距離や方向が示される 拡大「見守りサービス」の捜索用端末。画面には、高齢者らが身につける発信器までの距離や方向が示される

自動車の防犯装置を手がける企業が、20年がかりで「人捜し」の機器を開発したわけは。

 ――見守りサービスに力を入れています。

 「手のひらサイズの小型発信器が出す電波をアンテナと捜索用端末で探知し、人の居場所やモノのありかを見つける製品を開発しています。誤差が小さいのが特徴で、最小で50センチです。人ほどの大きさなら絶対に見つけられます。アンテナによる探知で200〜300メートルの範囲に絞り、発信器までの距離や方角を示す捜索用端末で対象までの距離を縮めていきます」

●技術で社会貢献

 ――本業は自動車防犯の開発や販売ですが、どうしてこのような取り組みを始めたのですが。

 「幼いころは病弱で、医療技術に生き延びさせてもらったという思いがありました。電子工学の技術を大学で学び、それを生かして社会貢献をしたいと考えるようになりました。阪神大震災(1995年)で、がれきに埋もれた人をニュースの映像で見て、1時間でも早く見つけられるものを開発しようと思いました。20年ほどかかって、電波を使って居場所を特定する仕組みを完成させました」

 「自然災害以外でも、子どもや高齢者の見守りニーズが高まっています。認知症を患った高齢者が増える中、姿が見えなくなったときに捜すのに役立ちます」

 ――サービスはいくらですか。

 「使用する発信器が1万2800〜1万4800円(税別)で、捜索用端末が4万円(同)です。月々の料金は発生しません」

●内蔵型の靴開発

 ――サービスは、どんな場所で使われていますか。

 「高齢者施設や病院での利用が目立ちます。目視だけでは発見が難しい、側溝内に落ちた高齢者も発信器を持っていてくれれば見つけられます」

 「ただ、発信器を手渡しても、外出時に持って出るのを忘れられたら意味がない。必ず携帯してもらうにはどうしたものかと考え、靴メーカーのアキレスと共同で、発信器内蔵型の靴を昨年開発しました。カバンからぶら下げられるキーホルダー型もつくれます」

 ――サービスをどう広げていきますか。

 「これまで設置したアンテナは愛知県を中心に811本。本社を置く半田市には約100本あり、ほぼ全域をカバーできます。全国隅々に広げるには11万本が必要。中小企業なので、人材も資金力も足りません。いま目をつけているのが街中のあちこちで見かける電柱です。中部電力が新事業開発に向けたコンテストを1月に開き、電柱を活用した見守りサービスを提案したところ、最優秀賞に選ばれました。夏ごろの実証実験スタートに向けて準備中です」

 「発信器の出荷個数は発売から約3年で3千個ほど。アンテナの設置数を増やしてもっと利便性を高め、今年中に1万個台にのせたいと思っています」(細見るい)

■かとう・まなぶ 

愛知県半田市出身。大学院で電子工学と超伝導を学び、東芝総合研究所に入社。92年に加藤電機に移った。社有車が相次いで車上荒らしに遭ったことをきっかけに、自動車防犯事業を立ち上げた。2002年から社長。趣味は宇宙物理学の文献を読むこと。52歳。

■加藤電機 本社・愛知県半田市。

1965年、加藤電機商会として創業。工場設備の自動制御機器の製造や販売を手がけてきた。73年から加藤電機。現在は自動車防犯と2015年に始めた見守りサービス「SANフラワー」を展開。社員数25人。17年12月期の売上高は5億2千万円。

ここから広告です

名古屋報道センターから

身のまわりで起きたニュースや、記事へのご意見、ご感想もお寄せ下さい。メールはこちらから

朝日新聞 名古屋編集局 公式ツイッター

ここから広告です

広告終わり

ここから広告です

広告終わり

ここから広告です

広告終わり

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】さりげなくギター好きアピ!

    フェンダーのイヤホン

  • 写真

    【&TRAVEL】福島への思いを込めて……

    167人による個性あふれる豆皿

  • 写真

    【&M】フィンテックが社会を変える

    若林恵が見据える未来の社会

  • 写真

    【&w】ジャンポール・グード展開催

    ファッションニュース

  • 写真

    好書好日ディラン日めくりカレンダー

    ノーベル文学賞の歌詞を堪能

  • 写真

    WEBRONZA秘密書簡サイドレターの真相

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンサクセスレストラン

    得意先との距離を縮める店

  • 写真

    T JAPAN「日本酒応援団」を支える酒蔵

    大分県「萱島酒造」の流儀

  • 写真

    GLOBE+処分した古着、どこへ行く

    たどって着いた先は

  • 写真

    sippoカメラマンが撮影法を解説

    猫を美しく、かわいく撮る

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ