メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

先端人

中部大講師・堀部貴紀さん 園芸学

写真:堀部貴紀・中部大講師 拡大堀部貴紀・中部大講師

●サボテン 強さの秘密は

 乾燥や高温に強く過酷な環境で育つサボテン。日本では観賞用のイメージだが、中南米では食用のほか、家畜の飼料やサプリメントなどに幅広く利用されている。国際機関も乾燥地域の食料不足の切り札として注目。「驚異的な強さの秘密を明らかにし、食料問題の解決や砂漠化防止など人間社会に役立てたい」

 食用サボテンの生産性を上げようと、室内でLEDを利用した水耕栽培の実験に取り組む。植物工場での栽培を目指し、効率よく育つ温度や光の条件を探る。2016年には、屋外で育てるより高い抗酸化力を持つサボテンが育つと明らかにした。

 栽培に手間がかからないのが特長。根から養分を吸収する力を利用して汚染土壌からヒ素やカドミウムなどの重金属を取り除く浄化技術に応用できると期待する。強さの仕組みの解明に向け、遺伝子の機能を調べる基本技術の開発もめざしている。

 名大でバラが開花する仕組みを研究して修士号を取得。岐阜放送で報道の仕事に携わったが、約1年後、研究の世界に戻った。博士課程在学中に中部大キャンパスがある愛知県春日井市の特産のサボテンと出会った。「とにかく強く、生命力にひかれる」。自生のサボテンを見ようと米アリゾナやメキシコに足を運んだ。

 多くの人に魅力を伝えようと、地元生産者らと地域おこしで連携。メキシコとの交流にも力を入れる。「サボテンをきっかけに、映画や料理などで文化交流できたら面白い」(西川迅)

■堀部貴紀さん(32)

岐阜県出身。今年4月から中部大講師。趣味は日本拳法や柔道。最近は道場に行く時間が取れないため学内のジムへ行くことが多い。週4回、実験の待ち時間などに、学生と行くこともあるという。

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

名古屋報道センターから

身のまわりで起きたニュースや、記事へのご意見、ご感想もお寄せ下さい。メールはこちらから

朝日新聞 名古屋編集局 公式ツイッター

ここから広告です

広告終わり

ここから広告です

広告終わり

ここから広告です

広告終わり

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ