メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

愛知の選挙

一宮市長に中野氏再選

写真:再選を決め、万歳する中野正康氏=一宮市 拡大再選を決め、万歳する中野正康氏=一宮市

●投票率27.35% 過去最低

 愛知県一宮市長選は13日投開票され、現職の中野正康氏(51)が、新顔で元中部電力社員の伊藤幸康氏(74)=共産推薦=を破り、再選を果たした。当日有権者数は31万4664人、投票率は過去最低の27・35%(前回42・50%)だった。

 元総務省職員の中野氏は2015年の前回市長選で、引退する前職から後継に推薦されて立候補。元市議ら新顔4氏を破って初当選した。今回は地元選出の衆院議員や県議、大半の市議の支援を受けて優位に選挙戦を展開した。中学生までの医療費無料化など子育て世代の支援に力を入れた1期目の実績を強調し、2期目の公約に「健康寿命の長いまちづくり」や交通インフラの整備などを掲げた。再選を決め、「投票率の低さを受け止め、謙虚な気持ちで老いも若きも住んでよかったと思える一宮市をつくりたい」と述べた。

 伊藤氏は「市民こそ主人公、安心して暮らせる一宮市をつくるみんなの会」事務局長を務め、同会を構成する市民グループなどの支援を受けた。「国民健康保険税を引き下げ、学校給食費の無償化を目指す」と訴えたが、支持を広げられなかった。(荻野好弘)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

名古屋報道センターから

身のまわりで起きたニュースや、記事へのご意見、ご感想もお寄せ下さい。メールはこちらから

朝日新聞 名古屋編集局 公式ツイッター

ここから広告です

広告終わり

ここから広告です

広告終わり

ここから広告です

広告終わり

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ