メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

先端人

中京大 高橋康介准教授  実験心理学

写真:高橋康介・中京大准教授 拡大高橋康介・中京大准教授

●これ笑顔?世界で探る

 私たちの脳は顔の特徴や表情をどう認識しているのか。世界各地の環境や文化の異なる人々の所に行き、心理学の実験を通して明らかにしようとしている。

 心理学では大学生を対象に研究室で実験するのが一般的だ。これに対し、人類学者や霊長類学者と共同でアフリカなどのフィールドに入り込んで実験する。こうした新たな手法を確立する活動が評価され、2018年、日本基礎心理学会の若手研究者向けの賞を受けた。「フィールドに出ると新しい発見がある。実験心理学の枠を広げ、人類学との融合を進めたい」

 「スマイリーフェース」「ニコちゃんマーク」と呼ばれる円形に笑顔が描かれた記号。タンザニアやカメルーンで調査すると、必ずしも笑顔とは認識されず、地域によって違う意味を持ち得ることが分かってきた。「なぜ笑って見えないのか。逆に我々はなぜ笑顔と認識するのか。それを探っている」。今後も各地でデータを集めるという。

 目の錯覚を利用した錯視図形づくりにも力を入れる。これまで新しい原理の錯視を複数発見し、論文などで発表してきた。国内のコンテストでも受賞している。

 もともと人間に興味があり、大学では宗教学を専攻。「科学的なアプローチで進めたい」と大学院で心理学の道へと転じた。「実験心理学では人間の心や脳の中を定量的なデータとして理解する。人の心の原理・原則に迫れるのが面白い」(西川迅)

■高橋康介さん(40) 

 千葉県生まれ。2016年4月から中京大准教授。ネットラジオ「TODA RADIO」で心理学の話題を仲間と気軽に発信している。休日は小学生の娘2人と人生ゲームや囲碁などで遊ぶ。

PR情報

ここから広告です

名古屋報道センターから

身のまわりで起きたニュースや、記事へのご意見、ご感想もお寄せ下さい。メールはこちらから

朝日新聞 名古屋編集局 公式ツイッター

ここから広告です

広告終わり

ここから広告です

広告終わり

ここから広告です

広告終わり

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】大自然とアートを楽しむ

    大自然とアートを楽しむ

  • 写真

    【&TRAVEL】駿河湾の男衆が女装して踊る

    「天下の奇祭」大瀬まつり

  • 写真

    【&M】ポークご飯はナイフいらず

    ドーカン(東京・半蔵門)

  • 写真

    【&w】小さな小さなうでまくら

    フォトギャラリー

  • 写真

    好書好日ASKAさん35年ぶり詩集

    谷川俊太郎さんと念願の対談

  • 写真

    WEBRONZA誰のせい?予算100兆円超

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンいま、ワードローブが変わる

    #1ジョルジオ アルマーニ

  • 写真

    T JAPAN自社田で米作りから手がける

    岡山県「丸本酒造」の流儀

  • 写真

    GLOBE+空っぽのひつぎに涙こぼす

    エチオピア機事故の取材から

  • 写真

    sippo片目を失った子猫

    幸せ願い「みちる」と命名

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ