メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

青森

ピックアップ

青森の情報

特集

2017 衆院選
衆院補選 10・22
インバウンド@みちのく
みちのくでも増え続けるインバウンド(訪日客)。どこに魅力を感じているのか探ってみた。
つなぐ あの日の記憶
戦後72年。あの日の記憶を途絶えさせず、次世代につないでいこうとする人々を追った。
高校のゆくえ
2017高校野球
2017年高校野球のトピックはこちらから。
テラヤマを探して
北海道新幹線 開業1年
東日本大震災 6年
脱短命県
アオモリスト
サワダのさがしもの
2016秋アマ将棋名人戦県大会
県都の行方
ジオパークってなあに?
東北さかな紀行
彼女の戦争~71年目の夏~
2016参院選
選挙権年齢が18歳以上に引き下げられる。18、19歳の若者が新たに一票を投じることの影響を探った。
2016高校野球
2016年高校野球のトピックはこちらから。
困窮の訴え
津軽の奔流
2016アマ囲碁名人戦県大会 
春風に乗って
心躍る春。県内の人や動物に関わるちょっといい話を紹介します。
2016 選抜高校野球
東日本大震災 5年
東日本大震災 5年 青森から
それぞれのあの日とその取り組み、思いを聞いた。
声なき人々の側で
弘前市出身のルポライター・鎌田慧さんが、自身の半生と取材活動について語ります。
弘前大企画
弘前大学医学部の医師が 病気や健康について解説します。
テラヤマを探して
人口減あおもり
青森の底力
戦後70年 
青森から考える戦後70年
あおもり 探
記者が日々のニュースを深く掘り下げます。
ABAから
青森朝日放送で放送予定の話題を紹介します。
山井教雄の笑エネー
イベント
展覧会やステージなどの情報を提供します。
朝日アマ囲碁名人戦県大会
核燃半島(第7部~)
核燃半島 (第1~6部)
森と生きる
木質バイオマスへの挑戦
海と時をこえて 
終戦から69年。東北と海外とのかかわりという視点で、あの戦争を見つめ直します。
心の殺人 性犯罪を裁く
「心の殺人」とも言われる性犯罪。法廷への市民参加が進み、身近な問題になった性犯罪を青森から考える。
弘前市の課題
弘前市長選は2014年4月6日告示、13日に投開票される。市が抱える二つの課題について探る。
総選挙

青森のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

遠くからでも見える人 - 森北 伸 展 絵画と彫刻 [展覧会]

遠くからでも見える人 - 森北 伸 展 絵画と彫刻

  • 2017年10月07日(土) ~ 2018年01月28日(日)
  • 八戸自動車道・百石道路「下田百石」ICから約30分七戸十和田駅よりバスで35分
  • 十和田市現代美術館の常設作品『フライングマン・アンド・ハンター』の作者である森北伸。空間を読み込み、素材の特性を生かした素朴な味わいの絵画や彫刻作品を、絶妙なバランスで展示。環境と作品、建築と作品、人と作品、作品と作品といったさまざまな関係性が「間(ま)」に漂い、詩的なユーモアに包まれる。今展は森北にとって初の美術館での個展となり、最新作を制作・展示、新たな物語を展開する。
奥津軽トレイルガイドツアー~太宰治ゆかりの地コース~ [体験・遊覧][ウォーキング・散策]

奥津軽トレイルガイドツアー~太宰治ゆかりの地コース~

  • 2017年05月13日(土) ~ 2017年10月21日(土)
  • 津軽自動車道「五所川原北IC」より約15分津軽鉄道「金木駅」より徒歩約8分
  • 舗装路のふるさと林道を歩き、湯の沢冷泉へ。森の中にある冷泉はまるでオアシス。硫黄の匂いが立ち込め、神秘的な雰囲気が漂う。すぐそばの湯の沢地蔵尊を経て藤の滝へ。太宰治の小説「魚服記」の舞台であり、春には藤の花が咲き誇ることでも有名。ラストは、森林鉄道跡の小田川鉄橋。道を外れた林間にあるため発見しづらいが、一見の価値あり。 ※コース上にトイレがほとんど無いため注意
海洋地球研究船「みらい」展 [展示会・展示イベント]

海洋地球研究船「みらい」展

  • 2017年10月14日(土) ~ 2017年10月22日(日)
  • 第二みちのく有料道路より15分三沢空港より車で5分
  • 就航から現在にいたる海洋地球研究船「みらい」の観測航海の様子を、写真やポスターなど約80点から辿る。
DREAMER 6期生 弘前公演 @space DENEGA [演劇・ダンス]

DREAMER 6期生 弘前公演 @space DENEGA

  • 2017年10月21日(土) ~ 2017年10月22日(日)
  • 大鰐弘前ICより約20分JR弘前駅より徒歩で約15分
  • メインキャストはすべて次世代ダンサー&パフォーマーの子どもたち。6回目となる今回の主題は、「マッチ売りの少女~The Little Match Girl~」。DREAMER1作品目の完全リメイク版! 全く新しいマッチ売りの少女だ。講師陣と一緒に3ヶ月間(約40回)にわたるダンスの振り付けやパフォーマンスの練習をして創り上げた75分の舞台を届ける。
第30回全国伝統こけし工人フェスティバル [フェスティバル・パレード][展示会・展示イベント][体験・遊覧]

第30回全国伝統こけし工人フェスティバル

  • 2017年10月21日(土) ~ 2017年10月22日(日)
  • 黒石ICより十和田湖方面へ10分黒石駅より弘南バス黒石-温川線または弘前-大川原線に乗車、約25分
  • 全国11系統、総勢28名の伝統こけし工人が津軽こけし館に集結し、伝統こけしの実演展示即売会を開催。サブ企画・サブイベントも充実! 30回記念こけしセット販売(数量限定)、ゆるキャラこけシケ子ちゃん/いくべぇ登場、中古こけしオークション展示、黒石温泉郷限定こけし付き宿泊プラン、こけし工人との交流懇親会、こけし工人によるそば団子汁振る舞い、黒石高校書道部の書道パフォーマンスなど、こけしづくしの2日間!
KUROISHI CRAFT GARDEN Premium [展示会・展示イベント]

KUROISHI CRAFT GARDEN Premium

  • 2017年10月21日(土) ~ 2017年10月22日(日)
  • 黒石ICより約10分黒石駅よりバスで25分/弘前駅よりバスで50分
  • 4回目の開催となる黒石クラフトガーデン。同時開催される「全国伝統こけし工人フェスティバル」に合わせて、一度きりの秋のプレミアム開催。新規出店者やショップ部門も増え、選りすぐりの飲食店や野菜販売、震災チャリティーブースなどもあり楽しい2日間を過ごす事ができる。書道パフォーマンス・よさこい踊りなども実施。
弘前おやこ仕舞教室 [体験・遊覧][伝統芸能・大衆芸能]

弘前おやこ仕舞教室

  • 2017年07月22日(土) ~ 2017年10月22日(日)
  • 土手町循環100円バス(弘南バス)「弘前文化センター前」下車
  • 室町時代から伝わり、ユネスコ無形文化遺産である「能」の舞の部分を「仕舞(しまい)」と言う。プロの能楽師の指導のもと仕舞の体験をしてみては? 初めての人でも分かりやすく1から指導してくれる。能面・装束体験も有り。成果は市民文化祭の場で発表しよう。着物と袴を着けてカッコよく舞おう! 保護者の人も参加可能。子どもだけ、保護者だけでもOK。1回だけの参加も可。
たねさしマルシェ [飲食店のイベント]

たねさしマルシェ

  • 2017年10月22日(日)
  • 八戸・久慈自動車道「種差海岸階上岳」ICから約10分/フェリー乗り場から約30分JR八戸線「種差海岸」駅下車徒歩約3分
  • 種差海岸インフォメーションセンター周辺のイベント参加店が、旬の食材を使った「たねさしマルシェ」限定メニューを提供。会計時、店舗ごとにもらえるスタンプを3つ集めると、インフォメーションセンターでオリジナルグッズがもらえる。限定メニューを楽しんだ後は、種差天然芝生地でゆっくり過ごしたり、トレッキングしたりと、秋の種差海岸を満喫しよう。 ※限定メニュー、オリジナルグッズはなくなり次第終了
「道の駅 いかりがせき」紅葉&収穫祭 [物産展][食のイベント]

「道の駅 いかりがせき」紅葉&収穫祭

  • 2017年10月22日(日)
  • 東北自動車道碇ヶ関ICから国道7号経由 約5分JR弘前駅から特急つがるで18分、JR碇ヶ関駅下車
  • 青森県平川市は平賀・尾上・碇ヶ関の3つの地域からなる緑豊かな市。今回は平川市の碇ヶ関地域で秋のイベントが開催される。当日はりんごや地場野菜の特売が行われ、「青天の霹靂」で作ったおにぎり2個とトン汁のセットやイワナの炭火焼きが堪能できる! そして、お買い上げ、お食事レシート1,000円毎に抽選会も! ぜひ遊びに行こう!
ハロウィン キッズファクトリー [体験・遊覧][飲食店のイベント]

ハロウィン キッズファクトリー

  • 2017年10月28日(土)
  • JR青森駅から徒歩3分
  • 兄弟・姉妹・仲良しのお友達同士で。楽しくお仕事体験してみよう! 「ものを作る楽しみ」や「本物のお店でのお仕事」を通じて、子どもたちにいろんな「発見や気づき」を体験してもらう。出来上がった商品は家族のプレゼントやお土産になる。パティシエ、シェフ、などなど、いろんな職業が体験できる。予約や内容は問い合わせ。

青森総局から

●最新の記事や企画、特集などを随時掲載、青森の姿をみなさまと一緒に考えていきたいと思います。情報提供やご意見、ご感想をメールで受け付けます。
メールはこちらから

朝日新聞 青森総局 公式ツイッター

注目コンテンツ