メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

青森

ピックアップ

青森の情報

特集

FA宣言
全国に、世界に「青森発(From Aomori)」を届けたい。新たな時代に挑む人々を追う。
同舟の今~津軽 南部
野辺地戦争から150年。戦争を終え、青森県という一つの舟に乗り込んだ「南部」「津軽」のその後は。
核燃の六ケ所村を歩く
原子力産業による振興を掲げた現職が再選された六ケ所村長選。核燃とともに生きる村を歩いてみた。
2018高校野球
2018年高校野球のトピックはこちらから。
戊辰戦争150年 東北を歩く
戊辰戦争150年。各地に残る記憶と今を訪ねた
「脱」短命県
平均寿命全国ワースト脱却への取り組みは県民に届いているのか?「短命県」の現場を歩いた。
東日本大震災 7年
インバウンド@みちのく
みちのくでも増え続けるインバウンド(訪日客)。どこに魅力を感じているのか探ってみた。
取材ノートから
弘前大企画
弘前大学医学部の医師が 病気や健康について解説します。
あおもり 探
記者が日々のニュースを深く掘り下げます。
ABAから
青森朝日放送で放送予定の話題を紹介します。
山井教雄の笑エネー
イベント
展覧会やステージなどの情報を提供します。

青森のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

第8回 東奥児童書道展 [展示会・展示イベント][展覧会]

第8回 東奥児童書道展

  • 2019年02月08日(金) ~ 2019年02月17日(日)
  • 青森中央自動車道「青森中央」ICより4.4km(20分)市民バス青柳線・JR青森駅よりワシントンホテル前下車または本町五丁目下車後、徒歩1分
  • 県内の保育園児、幼稚園児、小中学生が書いた全入賞作品を展示。子どもたちの一生懸命書いた作品を見に行こう!
小川有紀子ミニリサイタル [音楽イベント]

小川有紀子ミニリサイタル

  • 2019年02月17日(日)
  • JR弘前駅から約10分JR弘前駅から、100円バスで10分「下土手町」バス停下車、徒歩2分
  • 仙台を中心に活躍するヴァイオリニスト・小川有紀子によるミニリサイタル。日曜午後のひとときを優しいヴァイオリンの調べに包まれてみてはいかが?
青森県認定伝統工芸「南部花形組子」を体験しよう [体験・遊覧]

青森県認定伝統工芸「南部花形組子」を体験しよう

  • 2019年02月17日(日)
  • 三沢ICより約15分三沢空港より車で5分
  • 南部花形組子は飛鳥時代から建築物の装飾として受け継がれている組子の一種で釘を使わずに美しい幾何学模様を描く木工品。手作業で木を組み込む工程は、紙一枚の厚さでもずれると組付けができなくなるほどの細かい作業で熟練の技が求められる。八戸市在住の青森県認定の伝統工芸士「舘 功」さんによる、古来より地域に伝わる「南部花形組子」の工作体験。※定員20名 当日受付のみ先着順
三沢航空科学館 プチワークショップ とけない氷のアクセサリー [体験・遊覧]

三沢航空科学館 プチワークショップ とけない氷のアクセサリー

  • 2019年02月17日(日)
  • 三沢ICより約15分三沢空港より車で5分
  • 三沢航空科学館では、様々なもの作りを楽しめる「プチワークショップ」を実施している。この日は、とけない氷のアクセサリー作りに挑戦できる。定員40名に達し次第受付終了。
乳穂ケ滝氷祭 [お祭り][イルミネーション・ライトアップ]

乳穂ケ滝氷祭

  • 2019年02月17日(日)
  • 東北自動車道「大鰐弘前」ICから約30km
  • 高さ33mの白絹のような乳穂ケ滝(におがたき)。滝の裏側の自然洞窟には不動尊が祭られており、昔から氷結した滝の太さや形状などによってその年の作物を占う“豊凶占い”が行われれいる。歴史ある地区伝統の祭り。また祭りの1週間前から滝のライトアップも行われる。 ※滝は気候などの影響により氷結しない年もあるため、事前の問い合わせがおすすめ
沢田ろうそくまつり [お祭り][イルミネーション・ライトアップ]

沢田ろうそくまつり

  • 2019年02月19日(火)
  • 無料シャトルバス運行(JA相馬村湯口支所-大助経由-沢田会場)
  • 毎年旧暦の小正月に、沢田地区(旧相馬村)にある神明宮で、「岩谷堂」と呼ばれるほこらの岩肌にろうそくを灯し、翌日のロウの垂れ具合で豊凶などを占うという450年以上前から伝わるお祭り。境内では、かがり火の周りで登山囃子の演奏や地元の特産品販売、体を温める飲み物や軽食などの販売も行う。また、この地域の特産品「ミニ炭俵」の製作実演も行われる。
八戸えんぶり [お祭り][年中行事・歳時記][伝統芸能・大衆芸能]

八戸えんぶり

  • 2019年02月17日(日) ~ 2019年02月20日(水)
  • 八戸自動車道「八戸」ICより20分JR本八戸駅より徒歩約10分
  • 八戸地方を代表する民俗芸能「八戸えんぶり」。その年の豊作を祈願する祭りで国の重要無形民族文化財指定、“みちのく五大雪まつり”に数えられる。各えんぶり組は、太夫と呼ばれる舞手を中心に、笛や太鼓・手平鉦などのお囃子、舞子等総勢20~30人で構成される。烏帽子を付けて舞う太夫の姿は神秘的で勇壮華麗。さらに子どもたちによるかわいらしい祝福芸は見物客を楽しませてくれる。※一部予約やチケット必要。
青森中央短期大学公開講座「親子クッキング」 [食のイベント][講座・講演・シンポジウム]

青森中央短期大学公開講座「親子クッキング」

  • 2019年02月23日(土)
  • 東北自動車道青森中央ICより約2kmJRバス、青森市営バス「青森中央学院大学前」下車徒歩5分
  • 親子で作る桃の節句の料理教室第2弾。桃の節句は、春の訪れを祝い、無病息災を願う長く残していきたい日本の行事である。桃の節句にちなんだ食材、色、盛り付けなどの工夫をした料理を、親子で楽しく作る。男子の参加も可。 ※定員に達したため、申し込みは締め切り
青森中央短期大学COC+セミナー「地域に根付く保育者育成を考えるvol.2」 [講座・講演・シンポジウム][健康・福祉・教育]

青森中央短期大学COC+セミナー「地域に根付く保育者育成を考えるvol.2」

  • 2019年02月23日(土)
  • 東北自動車道「青森」ICより約3kmJR青森駅より青森市営バス、JRバス青森中央学院大学前バス停下車
  • 文部科学省 地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)の一環として、保育士、保育教諭などの保育者が地域に定着するために、保育の質の向上、保育職の専門性の向上、保育現場と養成校の協働など、地域で働き続ける保育者の育成について考える。 講師:青森中央短期大学教授 大沢陽子、百石幼稚園 松橋恵美副園長、青森県保育連合会 渡邊建道会長
三沢航空科学館 ワークショップ「ビー玉プラネット」 [体験・遊覧]

三沢航空科学館 ワークショップ「ビー玉プラネット」

  • 2019年02月02日(土) ~ 2019年02月24日(日)
  • 三沢ICより約15分三沢空港より車で5分
  • ビー玉を熱した後、急冷してヒビを入れて作るアクセサリー。とってもきれいな作品に仕上がるので、人気のワークショップ。※火を使うため保護者の同伴が必要。定員は各回24名。

青森総局から

●最新の記事や企画、特集などを随時掲載、青森の姿をみなさまと一緒に考えていきたいと思います。情報提供やご意見、ご感想をメールで受け付けます。
メールはこちらから

朝日新聞 青森総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】自宅で本格的なおつまみを

    いろんなものを燻製できちゃう

  • 写真

    【&TRAVEL】ヒマラヤ・トレッキングへ

    再び「12万円で世界を歩く」

  • 写真

    【&M】居心地のいい室内に足まわり

    やっぱりオフロードが似合う

  • 写真

    【&w】世界2位の実力派ピッツァ

    ワインバル・クルージング

  • 写真

    好書好日室町ブームの先駆者が新作

    朝松健さん「一休シリーズ」

  • 写真

    WEBRONZA水道法改正と沖縄の水汚染

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンマッシュポテトの絶品レシピ

    バターとオリーブの豊かな香り

  • 写真

    T JAPANシャンパーニュの芸術品

    「ペリエ ジュエ」の美しさの秘密

  • 写真

    GLOBE+恋チュン王女のドタバタ

    タイ政治を元特派員が読む

  • 写真

    sippo映画「ねことじいちゃん」

    柴咲さん「まるで猫セラピー」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ