メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

第100回全国高校野球記念大会【球音】

「成田の捕手」の道に悔いなし

写真: 拡大

写真:マウンドで仲間を鼓舞する成田の田宮裕涼君(中央) 拡大マウンドで仲間を鼓舞する成田の田宮裕涼君(中央)

 8年ぶりの甲子園がかかった大一番、相手は3連覇を狙う強豪。成田の捕手・田宮裕涼主将(3年)は「全員で楽しもう」と仲間と話し、決勝に臨んだ。

 一回、エース仲沢龍良君(同)が得意なスライダーを中心に組み立てて三者凡退。ここまでは狙い通りだった。だが、二、三回にはその決め球で2本塁打を浴び、3失点…

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

※有料記事の一部を自動で取り出して紹介しています。
PR情報

ここから広告です

PR注目情報

千葉総局から

千葉総局へのご意見・ご感想は、Eメールかお電話(043-223-1911)で。
メールはこちらから

朝日新聞 千葉総局 公式ツイッター

注目コンテンツ