メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月30日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

春いざなう、シロウオ漁 愛媛・宇和島で始まる

【動画】日本一早いシロウオ漁=中川壮撮影

写真:シロウオが入った網を引く松浦紀江さん(左)と夫の利克さん=いずれも宇和島市津島町岩松の岩松川拡大シロウオが入った網を引く松浦紀江さん(左)と夫の利克さん=いずれも宇和島市津島町岩松の岩松川

写真:取れたばかりのシロウオ=宇和島市津島町岩松拡大取れたばかりのシロウオ=宇和島市津島町岩松

写真:取れたばかりのシロウオ=宇和島市津島町岩松拡大取れたばかりのシロウオ=宇和島市津島町岩松

 全国で最も早いとされるシロウオ漁が岩松川(宇和島市津島町)の河口付近で始まった。シロウオはハゼの仲間。産卵のために遡上(そじょう)する。2月中旬まで続く。

 地元で鮮魚店を営む松浦利克さん(65)と妻紀江さん(64)は、30年以上前から2人で手がけている。

 漁をするのは満潮の前後。利克さんが小舟で深さが大人の腰から胸ほどの川の中央まで進み、岸にいる紀江さんと長さ約30メートルの網を張る。海からの流れが逆流し切った時を見計らって舟を岸に寄せ、2人で網を引っ張って囲い取る。地元の伝統で、他の地方にはないやり方だという。

 18日は朝から約6時間かけて20回ほど網を張り、約4合(720ミリリットル)のシロウオが取れた。1月末からの約1週間が最盛期で、4升(7・2リットル)取れる日もあるという。

 この1カ月間は店を閉め、雨でも雪でも毎日漁をする。利克さんは「少なくとも曽祖父の代から続いている家業。体はきついがやめるわけにはいかん」と笑顔で話した。

豊富なコンテンツをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

※有料記事の一部を自動で取り出して紹介しています。
PR情報
検索フォーム

ここから広告です

松山総局から

マイタウン愛媛は県内の主なニュース、イベントなど、身近な話題を提供します。メールによる情報提供などもお待ちしております。
メールはこちらから

朝日新聞 松山総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • ショッピング天国に一番近い州・ダオスタ

    イタリアの隠れた穴場リゾート

  • ブック・アサヒ・コム貧困ビジネスの実態を暴く

    柚月裕子の社会派ミステリー

  • 【&M】小さな無人島の大きな楽しみ

    シアワセになるサイパン!

  • 【&w】「働く」って何だろう?

    山崎亮さんの新刊プレゼント

  • Astand彗星に軟着陸できるのか

    世界初のミッションに挑む

  • 写真

    ハフポスト日本版 西洋人が魅せられた世界

    鮮やかな江戸・明治期の写真

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報