メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

たけはら美術館 所蔵品展「人物表現の魅力」

人物表現の魅力に迫る

たけはら美術館

作家によって「人物」を表現する手法は様々で、写実的に描いたり、抽象的に描いたり、個性豊かに表現されている。素材や様式、技法が異なるが、作品どれもが「人物」に対する強い関心を示している。「人物」に焦点を当て、様々な作家の多彩な人物表現の魅力に迫る展覧会。また、竹原出身の池田勇人元内閣総理大臣のメガネや煙草入れなど遺愛品を紹介する。愛蔵していた日本画なども展示する。

詳細データ

イベント会場:
たけはら美術館 イベント会場地図
期間:
時間:
09:00 〜 17:00
日時の備考:
休館日は月曜日(祝休日の場合は開館)、祝日の翌日(ただし11月4日・11月24日・12月24日は開館、1月9日は休館)、年末年始(12月28日〜1月4日) ※入館は16:30まで
注)開催日は、必ず事前に主催者にご確認ください。
料金:
一般200円(160円)、18歳以下・75歳以上無料 ※( )内は20名以上の団体料金、JAF会員
交通:
会場アクセス(車)/ 山陽自動車道「河内」ICより20分
会場アクセス(公共交通)/ JR呉線「竹原」駅より徒歩5分
駐車場:
あり(駐車無料)
お問い合わせ:
0846-22-3558 たけはら美術館
公式サイトURL:
情報提供:
PR情報

ここから広告です

!

アプリで紙面ビューア−の点滅を設定できるように

!

サイト内記事検索をリニューアルしました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】ストレスフリーなシェーバー

    ヒゲを吸い取って片付け楽々

  • 写真

    【&TRAVEL】ケアンズ郊外のビーチリゾート

    楽園ビーチ探訪

  • 写真

    【&M】目が離せないカワイイおもち

    必見のMV制作の裏側

  • 写真

    【&w】18年春夏パリコレクション

    フォトギャラリー

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム「基本は農家のおばちゃん」

    重労働と執筆は同時並行だった

  • 写真

    WEBRONZAシンクタンクと民主主義

    日本の民主主義に足りないもの

  • 写真

    アエラスタイルマガジン伝説の店を作った男の物語

    全てを失い一から始めたカフェ

  • 写真

    T JAPANイヴ・サンローランが愛した

    マラケシュに美術館がオープン

  • 写真

    ハフポスト日本版 真珠湾攻撃から76年

    瀬戸内寂聴「逃げることも勇気よ」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ