メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

三次の鵜飼

伝統技法が織りなす夏の夜の風物詩

三次市観光交流課

三次の夏の風物詩である「鵜飼」。約450年の伝統を有し、姉妹都市交流をしている中国四川省から贈られた白い鵜が登場するのは全国でも三次市だけ。例年6月〜9月10日の期間中に三次市の馬洗川で行われ、鵜舟と遊覧船が併走し間近で鮎を追う独特の鵜飼は見ごたえ十分だ。 ※平成30年7月西日本豪雨の影響により一旦中止、8月9日に再開、9月20日まで実施される。

詳細データ

イベント会場:
三次市十日市親水公園鵜飼乗船場 イベント会場地図
期間:
時間:
19:00 〜 20:45
日時の備考:
6/1は一般の予約不可 ※平成30年7月西日本豪雨の影響により一旦中止、8月9日に再開。また当初9月10日までの予定だったが、9月20日まで延長して開催される。
注)開催日は、必ず事前に主催者にご確認ください。
料金:
大人3000円〜 小学生1500円〜(金・土曜日は料金が異なる) ※6・9月の月〜木曜日に限り、大人2700円 小学生1350円
交通:
会場アクセス(車)/ 中国自動車道「三次」ICより約10分
会場アクセス(公共交通)/ JR「三次」駅より徒歩約13分
駐車場:
あり(駐車場無料)
お問い合わせ:
0824-63-9268 (一社)三次市観光協会
公式サイトURL:
情報提供:

ここから広告です

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】タブレットにもなる超薄型PC

    薄さ約9.9ミリ、重量約775g

  • 写真

    【&TRAVEL】激揺れバスでヒマラヤ登山口

    再び「12万円で世界を歩く」

  • 写真

    【&M】居心地のいい室内に足まわり

    幻の北山蕎麦「木漏れ陽」

  • 写真

    【&w】森でいちばんのもふもふ

    ふくろうの赤ちゃん

  • 写真

    好書好日ほっこりと心温まるBL作品

    マスター3人が選ぶ珠玉の1冊

  • 写真

    WEBRONZA遺失物から見える社会の変化

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン2シーターを楽しむジャガー

    2台目に欲しいスポーツカー

  • 写真

    T JAPANカカオの森を救え!

    ショコラティエが挑んだ5年間

  • 写真

    GLOBE+ロボットにピリピリ

    なぜつらく当たってしまうのか

  • 写真

    sippo猫4匹いても、スッキリ生活

    猫毛と上手に付き合う方法

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ