メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月13日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

和歌山−日本 和歌山を見つめ、日本の美術、そして近代美術館を見つめる

和歌山の近代美術を見つめ直す

和歌山県立近代美術館は、2020年に開館50年を迎える。この間、「郷土作家コレクション」を柱にして収集された所蔵品は1万点を超え、日本の美術館でも有数の規模を誇っている。そして、これらの和歌山の作家たちの代表作が、すなわち日本の近代美術史の一断面をも語っているのだ。和歌山の美術を見つめ、あらためて近代美術を見直す。

詳細データ

イベント会場:
和歌山県立近代美術館 イベント会場地図
期間:
時間:
09:30 〜 17:00
日時の備考:
休館日:月曜日(祝日の場合は開館し、翌火曜日休館)入館は16:30まで
注)開催日は、必ず事前に主催者にご確認ください。
料金:
観覧料:一般510円、大学生300円 ※高校生以下、65歳以上、障がい者、県内に在学中の外国人留学生は無料
交通:
会場アクセス(車)/ 阪和自動車道和歌山ICより和歌山城方面へ約15分
会場アクセス(公共交通)/ JR和歌山駅または南海電鉄和歌山市駅からバスで約10分、「県庁前」下車、徒歩2分
駐車場:
あり(2時間まで無料、以後30分ごとに100円)
お問い合わせ:
073-436-8690 和歌山県立近代美術館
公式サイトURL:
情報提供:

ここから広告です

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】ホカホカご飯を食べたい!

    炊飯器選びのポイントはこれ

  • 写真

    【&TRAVEL】港町神戸の魅力、再発見の旅

    北野、南京町、メリケンパーク

  • 写真

    【&M】苦手なことはまかせてもいい

    “スマートな怠惰”に憧れよう

  • 写真

    【&w】普通のカフェに驚きのフォー

    パリの外国ごはん

  • 写真

    好書好日廃墟ブームは400年前から

    無常の美学に浸れるアート展

  • 写真

    WEBRONZA『まんぷく』の塩作りに異論

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンウイスキーの魅力の神髄

    ブレンドの芸術の世界観を体感

  • 写真

    T JAPANせきねきょうこが選ぶホテル

    新・東京ホテル物語 第32回

  • 写真

    GLOBE+処分した古着、どこへ行く

    たどって着いた先は

  • 写真

    sippo墓地に捨てられていた犬

    譲渡早々、散歩中に逃走

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ