メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

和歌山−日本 和歌山を見つめ、日本の美術、そして近代美術館を見つめる

和歌山の近代美術を見つめ直す

和歌山県立近代美術館は、2020年に開館50年を迎える。この間、「郷土作家コレクション」を柱にして収集された所蔵品は1万点を超え、日本の美術館でも有数の規模を誇っている。そして、これらの和歌山の作家たちの代表作が、すなわち日本の近代美術史の一断面をも語っているのだ。和歌山の美術を見つめ、あらためて近代美術を見直す。

詳細データ

イベント会場:
和歌山県立近代美術館 イベント会場地図
期間:
時間:
09:30 〜 17:00
日時の備考:
休館日:月曜日(祝日の場合は開館し、翌火曜日休館)入館は16:30まで
注)開催日は、必ず事前に主催者にご確認ください。
料金:
観覧料:一般510円、大学生300円 ※高校生以下、65歳以上、障がい者、県内に在学中の外国人留学生は無料
交通:
会場アクセス(車)/ 阪和自動車道和歌山ICより和歌山城方面へ約15分
会場アクセス(公共交通)/ JR和歌山駅または南海電鉄和歌山市駅からバスで約10分、「県庁前」下車、徒歩2分
駐車場:
あり(2時間まで無料、以後30分ごとに100円)
お問い合わせ:
073-436-8690 和歌山県立近代美術館
公式サイトURL:
情報提供:
PR情報

ここから広告です

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】音量絞っても音がリッチ!

    人気のBT&重低音モデル

  • 写真

    【&TRAVEL】中田英寿 福島を旅する

    有機栽培の米作り〈PR〉

  • 写真

    【&M】男は女におごる「べき」

    そう考えていたつまらぬ理由

  • 写真

    【&w】江ノ電眺めながらジェラート

    鎌倉から、ものがたり。

  • 写真

    好書好日「人形メディア学」って何?

    早稲田大の大人気講義が本に

  • 写真

    WEBRONZA遠心化する安倍政権

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジングランドセイコーの新作時計

    王道かつ究極のクオーツ<PR>

  • 写真

    T JAPAN日本映画の顔を悼む2作が公開

    樹木希林さん、大杉漣さん追悼

  • 写真

    GLOBE+なぜ私は紛争地に行くのか

    MSF看護師、白川優子さん

  • 写真

    sippo猫の最期にはサインがある

    腕の中で静かに見送るために

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ