メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

イベント情報詳細

青森県 2018年09月       
の検索結果

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

47件中 1 〜 10件 を表示

前へ

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

次へ

鯉艸郷 ピザ作り体験2018 [体験・遊覧][食のイベント]

鯉艸郷 ピザ作り体験2018

  • 2018年05月01日(火) 〜 2018年10月31日(水)
  • 「七戸十和田」駅より車で20分
  • 米粉入り生地を練り、トッピングして、石窯で焼いて熱々のピザを食べよう! 美味しく出来上がるかな? 4〜5日前までに予約を。
エクステンド常設展示「北畠八穂」 [展覧会][展示会・展示イベント]

エクステンド常設展示「北畠八穂」

  • 2018年06月01日(金) 〜 2018年11月28日(水)
  • 東北自動車道「青森中央」ICを下りてすぐ青森市営バスで「社会教育センター前」下車
  • 児童文学作家・北畠八穂は、たくましく生きる子どもたちの姿を、病と闘いながら描いた。八穂が描く子どもたちは、かなしみやつらさをどのように考え、乗り越えるのか。八穂のことばは時代を越え、現代を生きる人々の心にも強く響く。今展では『鬼を飼うゴロ』(第10回野間児童文芸賞・第19回サンケイ児童出版文化賞大賞受賞作品)をはじめとする八穂の児童文学作品を展示。また作品に対する八穂の想いも紹介する。
スゥ・ドーホー:Passage/s パサージュ [展覧会]

スゥ・ドーホー:Passage/s パサージュ

  • 2018年06月02日(土) 〜 2018年10月14日(日)
  • 八戸自動車道・百石道路「下田百石」ICから約30分七戸十和田駅よりバスで35分
  • 十和田市現代美術館の開館10周年を記念して、アジアを代表する世界的美術家、スゥ・ドーホーの個展が開催。今展はスゥの代表作である半透明の布を使った彫刻シリーズの最新作を展示。この他、異なる文化間を移動する中で得られた視点を表現した映像作品を日本で初公開する。これらの作品はいくつかの場所とその文化を経験するときに見えてくるものを通して、人間性やアイデンティティとは何かという、根本的な問いを投げかける。
こけし探偵 season18〜パイレーツ オブ コケビアン!編〜 [体験・遊覧]

こけし探偵 season18〜パイレーツ オブ コケビアン!編〜

  • 2018年07月07日(土) 〜 2018年09月09日(日)
  • 「黒石」ICより十和田湖方面へ10分黒石駅より弘南バス黒石、温川線または弘前、大川原線に乗車、約25分
  • 私の名前は江戸川コケシ探偵だ。夏休み、日頃の疲れを癒しに豪華客船に乗って旅に出る事にした私。…何!? 豪華客船が海賊に乗っ取られただと!? 不安になっている乗客の為にも私が犯人を捕まえてやるゾ! 名探偵と言われたジッチャンの名にかけて! 4000本こけしの中から制限時間内に問題用紙を元に答えを見つけ出せ! ※全問正解者には捜査協力プレゼントあり、前編後編両方クリアするとさらにプレゼントあり
特別企画展「光のラビリンス〜Art in Wonderland」 [体験・遊覧][展示会・展示イベント]

特別企画展「光のラビリンス〜Art in Wonderland」

  • 2018年07月07日(土) 〜 2018年09月24日(月)
  • 第二みちのく有料道路より15分三沢空港より車で5分
  • 「見て」「触って」「遊べる」これまでにない展覧会。来館者の動きに合わせて、色とりどりの光や影のモチーフ、映像、音が変化する作品などにより、子どもから大人まで、見る人を楽しませる美しくも不思議な空間が生み出される。だれもが魔法のラビリンスへと誘われる体感型アートをお楽しみに。
うごく!恐竜ぬり絵〜たまごからBorn(ボーン)!〜 [体験・遊覧][展示会・展示イベント][映画・映像]

うごく!恐竜ぬり絵〜たまごからBorn(ボーン)!〜

  • 2018年07月14日(土) 〜 2018年09月30日(日)
  • 第二みちのく有料道路より15分三沢空港より車で5分
  • 400インチの巨大なスクリーンに君の描いた恐竜たちが、たまごからポコッとうまれ、3DCGの世界で動きまわる! 突然現れる巨大ティラノサウルスに気をつけて! 模様を描いたり、色を塗ったり、自由にお絵かきした子恐竜が映像となって動き出す楽しい企画。
特別展 平成の青森文学 [展覧会][展示会・展示イベント]

特別展  平成の青森文学

  • 2018年07月14日(土) 〜 2018年09月24日(月)
  • 東北自動車道「青森中央」ICを下りてすぐ青森市営バスで「社会教育センター前」下車
  • ☆三浦雅士、梅内美華子、田澤拓也、川上健一、西崎憲、堀川アサコ、木村友祐、高森美由紀、高橋弘希、藤田晴央、古川智映子、呉勝浩、世良啓、米田省三、野沢省悟、三浦徳寿から寄せられた「平成の青森文学」をテーマとしたエッセイをパネル展示。日本近代文学館所蔵のなかにし礼原稿、連続テレビ小説「あさが来た」原作者・古川智映子寄贈の関連資料等、平成を彩った青森県ゆかりの人々の資料を展示。
六戸秋まつり [お祭り]

六戸秋まつり

  • 2018年08月30日(木) 〜 2018年09月02日(日)
  • 十鉄バス「六戸中央バス停」より徒歩10分
  • 勇壮な山車が町内を練り歩くほか、神輿や鶏舞・神楽などの伝統芸能が祭列に加わり、秋の実りに感謝するまつり。仮装と山車が同時に練り歩くという他のまつりにはない特徴がある。趣向を凝らし沿道の笑いを誘う仮装行列や中日に行われる流し踊りが見所。また、まつり中日の夜には、参加型イベント「お祭り広場」が開催される。参加無料でだれでも参加できるので、今年の秋はぜひ六戸町へ遊びに行こう!
弘前ねぷた展 [展覧会][展示会・展示イベント]

弘前ねぷた展

  • 2018年07月28日(土) 〜 2018年09月09日(日)
  • 東北自動車道「大鰐」ICより約30分弘前駅前6番バスのりばより弘南バスで市役所前公園入口下車、徒歩5分
  • 弘前ねぷたのこれまでの歴史を振り返る。六年ぶりに開催されるこの展示では、ねぷた構図など美術的側面にも注目する。
第4回細野相沢元気村もち祭り [食のイベント]

第4回細野相沢元気村もち祭り

  • 2018年09月02日(日)
  • 浪岡城跡より約8km
  • 津軽伝統伝承のもちである「豆こごり」を始め、地元のおばあちゃん手作りのお餅を味わうことができるイベント。子どもが楽しめる縁日コーナーや工作教室もある。今年も「笹餅作りの名人」桑田ミサオさんが登場、笹餅を販売。また当日は、地元の温泉「山の湯」が終日無料開放! 入浴セット持参で会場へ向かおう。

47件中 1 〜 10件 を表示

前へ

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

次へ

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】ガチっと押し込む感触も最高

    80年代デザインのラジカセ

  • 写真

    【&TRAVEL】パリ、無愛想な猫だが……

    1日1旅

  • 写真

    【&M】正月以外も使えるかるた

    爆笑誘う奇想天外な絵と言葉

  • 写真

    【&w】小さな家の生活日記が本に

    東京の台所 番外編

  • 写真

    好書好日禁じられたものに触れたい

    小説「出版禁止」第2弾刊行

  • 写真

    WEBRONZA定年後10万時間の使い方

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン“6つ星”と評されるホテル

    これぞまさにプーケットの楽園

  • 写真

    T JAPAN4匹の猫と華麗なる共演。

    女性のための優美な機械式時計

  • 写真

    GLOBE+サウジNo1おむつは日本製

    女性だけの工場も現地に作った

  • 写真

    sippo河川敷の“ホームレス犬”

    老いて初めての室内暮らし

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ