メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

福井

ピックアップ

福井の情報

特集

曲がり角の原発大国 米国の事情
アメリカが原子力の商業利用を認めて60年になります。岐路に立つ現地の事情を報告します。
曲がり角の原発大国インタビュー
原発の安全を守るために、私たちはどうあるべきか。米国の専門家に聞きました。
この人に聞く
各界で活躍中の方々にインタビューします。
北陸六味
道元禅師「典座教訓」の料理の六味。北陸3県ゆかりの6人による六味のエッセーを週替わりでお届けします。
原発関連記事
【原発】の記事を掲載しています。

福井のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

企画展「漆芸をたのしむ」 [展示会・展示イベント][展覧会]

企画展「漆芸をたのしむ」

  • 2018年11月01日(木) ~ 2019年02月26日(火)
  • 北陸自動車道福井ICより約15分福井駅より車で約5分、コニュニティバスすまいる(照手足羽方面)バス停21「愛宕坂」下車 徒歩約1分
  • 縄文文化にもみられる漆の技法。漆は英語で「ジャパン」と呼ばれるほど、我が国で高度な発展を遂げた。日本の湿度の高い気候にも合った漆は様々な工芸品に使われ、茶道具の世界でも美しい魅力を放っている。今回の展示では、香合や菓子器を中心に24点を紹介する。螺鈿や蒔絵、堆朱など華麗な漆の世界をお楽しみに。
たけふ冬のイルミネーション2018‐2019 [イルミネーション・ライトアップ]

たけふ冬のイルミネーション2018‐2019

  • 2018年11月22日(木) ~ 2019年02月14日(木)
  • 北陸自動車道武生ICより約10分北陸本線「武生」駅から徒歩5分
  • JR武生駅前から蔵の辻にかけて、約2万球のイルミネーションが彩り、華やかな雰囲気を演出する「たけふ冬のイルミネーション2018‐2019」。白壁の蔵が立ち並ぶメイン会場の蔵の辻では、趣深い白壁の蔵があたたかな光でライトアップされ昼間とは違った風情が味わえる。
壁新聞「ふるさとのおすすめスポット」 [展示会・展示イベント]

壁新聞「ふるさとのおすすめスポット」

  • 2018年12月01日(土) ~ 2019年01月31日(木)
  • 舞鶴若狭自動車道「小浜」ICより東へ5分JR小浜線東小浜駅より徒歩約7分/JR湖西線近江今津駅発JRバス若江線遠敷バス停より徒歩約15分
  • 福井県立若狭歴史博物館では、募集したふるさと福井県の歴史や文化を紹介する壁新聞を展示する。若狭の魅力を探しに行こう。また、壁新聞の募集も行う。詳しくは福井県立若狭歴史博物館ホームページを参照。作品募集期間:7月1日(日)~9月30日(日)必着。
日本遺産関連テーマ展「若狭 仏の絵~街道沿いの文化財~」 [展示会・展示イベント][展覧会]

日本遺産関連テーマ展「若狭 仏の絵~街道沿いの文化財~」

  • 2018年12月01日(土) ~ 2019年01月06日(日)
  • 舞鶴若狭自動車道「小浜」ICより東へ5分JR小浜線東小浜駅より徒歩約7分/JR湖西線近江今津駅発JRバス若江線遠敷バス停より徒歩約15分
  • 京都と都をつなぐ街道沿いに伝わる貴重な仏画を紹介する。日本遺産「海と都をつなぐ若狭の往来文化遺産群~御食国若狭と鯖街道~」ゆかりの文化財。
剱岳かりんて祭 [食のイベント]

剱岳かりんて祭

  • 2018年11月23日(金)
  • 北陸道金津ICより約10分
  • 大鍋を使って作られる名物の「かりんて鍋」のふるまいはもちろん、地元のとれたて野菜や山菜の販売、地元産手打ちそばの実演・販売、ステージイベントなどもりだくさん!
縁のあかり 良縁の樹イルミネーション [イルミネーション・ライトアップ]

縁のあかり 良縁の樹イルミネーション

  • 2018年09月22日(土) ~ 2018年11月24日(土)
  • 北陸自動車道福井ICから約35分JR越前大野駅から徒歩7分
  • 春日神社にある樹齢100年以上になるケヤキとスギは根っこが繋がっていてひとつになっている。そのことから「良縁の樹」と呼ばれ、触れると様々な縁に恵まれると言われている。その良縁の樹がイルミネーションの美しい灯りで彩られる。神秘的な光に包まれた春日神社へ一度出かけてみては。
おこもじ作り教室 [食のイベント][体験・遊覧]

おこもじ作り教室

  • 2018年11月25日(日)
  • 北陸自動車道「武生」ICより約30分
  • 「おこもじ」とは池田弁で漬物のこと。池田町の「おこもじ屋」に、大根の選び方から、はさがけの仕方、昔ながらのたくあんの作り方を習う。作ったたくあんは年明けに真空パックで自宅に届けてもらえる。長靴、エプロン、三角巾持参。 ※定員15名程度、前々日までに要予約(農村体験プログラムHPメールフォームか電話で申し込み)
【紅葉・見ごろ】西山公園 [観察・ウォッチング][ウォーキング・散策][花・植物のイベント]

【紅葉・見ごろ】西山公園

  • 2018年11月01日(木) ~ 2018年11月30日(金)
  • 鯖江ICより5分福井鉄道西山公園駅より徒歩3分
  • 西山公園は日本庭園、西山古墳群、西山動物園、芝生広場、大噴水、展望広場、冒険の森などが整備され、子どもも大人も楽しめる総合公園。園内にはヤマモミジやイロハモミジ、イタヤカエデ、オオモミジ、シダレモミジ(青、赤)ノムラモミジがあり、全体で1600本。秋には園内のモミジが一斉に色付き、見事な紅葉を楽しむことができる。散策をしながら秋を感じてみては?
味噌づくり教室&特製ランチ [食のイベント][体験・遊覧]

味噌づくり教室&特製ランチ

  • 2018年12月02日(日)
  • 北陸自動車道「武生」ICまたは「鯖江」ICより約30分
  • いつも目にする身近な食材“味噌”。でも意外に知らない原材料や作り方を、創業115年の湯本味噌の職人さんが、分かりやすく伝授してくれる。あなたの手が育てた自分だけの味噌ができた時の感動と味わいは格別。味噌を仕込んだ後は、味噌や米麹を使った特製ランチをいただこう。エプロンと三角巾は持参。定員15名程度、前々日までに要予約(農村体験プログラムHPメールフォームか電話で申し込み)。
田舎の仕事人シリーズ ~ 褐色に輝く、つるし柿 ~ [食のイベント][体験・遊覧]

田舎の仕事人シリーズ ~ 褐色に輝く、つるし柿 ~

  • 2018年11月03日(土) ~ 2018年12月07日(金)
  • 北陸道今庄ICから約5分JR今庄駅下車(集合場所)
  • 福井県南越前町今庄地区に450年前から伝わる「今庄つるし柿」他の干し柿と異なるのは、燻されている点だ。口に含むとスモーキーな香りと柿本来の甘みが口に広がる逸品。日本唯一の産地となっており、生産者が少ないため、なかなか手にすることがないつるし柿を、実際に作ることができる機会。※事前申込必要 申込み〆切:参加希望日の1週間前(先着順)

福井総局から

福井アサヒコムは県内の地域情報を発信しています。ご意見・ご感想・身の回りの話題など、お気軽にお寄せください。郵便(〒910・0005、福井市大手3丁目11-6 朝日新聞福井総局)、ファクス(0776-28-7144)、メールもお待ちしています。
メールはこちらから

朝日新聞 福井総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】開放型に脚光再び!

    快適イヤホン生活

  • 写真

    【&TRAVEL】僕の本質はインスタで表現

    連載「原田龍二の温泉番長」

  • 写真

    【&M】スマホで撮った写真は現実か

    最新機種が変える“写真”の意味

  • 写真

    【&w】いま音楽映画に酔いしれたい

    ART&MOVIE

  • 写真

    好書好日熱きボクサー時代を絵本に

    南キャン・しずちゃんの思い

  • 写真

    WEBRONZA自民党と北方領土の関係

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン日本人が知らないオレゴン

    観光客を魅了するわけとは?

  • 写真

    T JAPAN連載・この店の、このひと皿

    南インドの定食「ミールス」

  • 写真

    GLOBE+静かに白人が動いた

    中間選挙に見えた変化の芽

  • 写真

    sippoモデル・松島花さん

    保護猫の情報発信をする理由

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ