メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

福井

ピックアップ

福井の情報

特集

曲がり角の原発大国 米国の事情
アメリカが原子力の商業利用を認めて60年になります。岐路に立つ現地の事情を報告します。
曲がり角の原発大国インタビュー
原発の安全を守るために、私たちはどうあるべきか。米国の専門家に聞きました。
この人に聞く
各界で活躍中の方々にインタビューします。
北陸六味
道元禅師「典座教訓」の料理の六味。北陸3県ゆかりの6人による六味のエッセーを週替わりでお届けします。
原発関連記事
【原発】の記事を掲載しています。

福井のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

おたまつり&O・TA・I・KO響2017 [フェスティバル・パレード][音楽イベント][伝統芸能・大衆芸能]

おたまつり&O・TA・I・KO響2017

  • 2017年08月19日(土)
  • 福井ICより約50分/武生・鯖江ICより約30分JR武生駅前発バス(越前海岸方面織田経由線)約35分
  • 真夏の風物詩となった和太鼓の一大フェスティバル。今年のOTAIKO響は織田地域コミュニティ運営委員会と合同で「おたまつり&OTAIKO響」と題し、織田地区内を、織田地区の伝統的な太鼓「だいずり」が巡行し、ステージでは全国各地からの団体やプロの演奏家が集い、迫力ある演奏を繰り広げ、5尺の大太鼓「明神」をメインに「O・TA・I・KO響宴」を開催。太鼓のまち、越前町織田は太鼓一色となる。
2017若狭たかはま漁火想 [花火大会][イルミネーション・ライトアップ]

2017若狭たかはま漁火想

  • 2017年08月19日(土)
  • 舞鶴若狭自動車道「大飯高浜」ICより約5kmJR「若狭高浜」駅より徒歩約10分
  • 若狭たかはま漁火想は、海水浴場と街なかに約11,000本のキャンドルが並び、キャンドルの灯りで会場全体が幻想的な雰囲気で包まれる。また、大迫力の創作花火「櫓龍(やぐらどらごん)」は玩具花火のみで約300,000発以上を打ち上げ、スターマインやナイアガラを演出。この他にも、サンセットライブや地元の食が集まる「屋台村」も開催!夏の締めくくりを高浜町で過ごしてみてはいかが。
2017越前おおの とんちゃん祭 [食のイベント]

2017越前おおの とんちゃん祭

  • 2017年08月19日(土) ~ 2017年08月20日(日)
  • 北陸自動車道「福井」ICより約40分JR越美北線「越前大野」駅より徒歩15分
  • 全国(市内外)の味自慢のとんちゃん(ホルモン)屋台が出店。食べ比べにより来場者に投票してもらい、ホルモン日本一を決定する! 大野市内の団体による食の販売「うめぇもんコーナー」もあり。二日間ホルモン臭につつまれる中、おいしいとんちゃんをたくさん食べて幸せな気分になろう!
わかはく講座「東大寺二月堂の修二会と遠敷明神の香水」 [講座・講演・シンポジウム]

わかはく講座「東大寺二月堂の修二会と遠敷明神の香水」

  • 2017年08月20日(日)
  • 舞鶴若狭自動車道 小浜ICより約2km(約5分)JR小浜線東小浜下車徒歩7分
  • 福井県立若狭歴史博物館では、わかはく講座を開催する。古代史の研究者で東大寺に詳しい奈良国立博物館の野尻忠先生を招き、「お水取り」として有名な東大寺修二会と若狭の遠敷明神の関係について、話しを伺う。謎の多い若狭のお水送り、奈良の都と若狭のつながりについて最前線の研究をうかがえる講演だ。 講師:野尻忠先生(奈良国立博物館 学芸部 企画室長) ※申込不要、聴講無料
わいわいものづくりスペシャル「ケーキ貯金箱」 [体験・遊覧]

わいわいものづくりスペシャル「ケーキ貯金箱」

  • 2017年08月20日(日)
  • 舞鶴若狭自動車道「小浜西」ICより約6分、「大飯高浜」ICより約15分JR小浜線「若狭本郷」駅より車で約5分(徒歩15分)
  • 紙粘土を使って、かわいいケーキの形をした貯金箱作りを楽しもう! 思わず食べたくなるようなデコレーションに挑戦!
風祈能 [お祭り]

風祈能

  • 2017年08月20日(日)
  • 舞鶴若狭自動車道若狭美浜ICより約5kmJR小浜線美浜駅より約3km
  • 弥美神社では毎年8月20日に、二百十日を前に、農作物をはじめすべてのものが被害に遭わず、無事に実りの秋を迎えられるよう祈願し、「風祈能(かざいのう)」と呼ばれる能を奉納する神事が行われる。650年以上前から伝わると言われており、正午頃から風祈能が演じられる。この風祈能は県の無形民俗文化財に指定されている「一人翁(ひとりおきな)」をはじめ、複数の演目が披露される。
家族みんなで楽しむクラシック「音楽のおくりもの」 [音楽イベント]

家族みんなで楽しむクラシック「音楽のおくりもの」

  • 2017年08月26日(土)
  • 北陸自動車道南条SAスマートIC出口よりすぐJR北陸線「南条」駅下車徒歩約8分
  • 全国各地で人気の、乳幼児から親子3代で楽しめるコンサート。10時半開演「わいわいコンサート」・14時開演「アフタヌーンコンサート」共に年齢制限はないが、午後は4歳以上におすすめのプログラムだ。クラシックの名曲から、午前はトトロ、ディズニーメドレー、午後は映画音楽も。参加コーナーのクイズでは客席もおおいに盛り上がる。演奏は東京芸大出身のアンサンブル・ディヴェルターズ、司会・フルートは一村誠也。
特別展「越前若狭の医学史 ふくいの医人たち」 [展示会・展示イベント][展覧会]

特別展「越前若狭の医学史 ふくいの医人たち」

  • 2017年07月21日(金) ~ 2017年08月27日(日)
  • 北陸自動車道「福井北」ICより西へ約15分JR福井駅よりコミュニティバスすまいる福井駅西口広場バスターミナルから「文京・田原町方面」宮前町下車
  • 越前・若狭は「解体新書」を著した杉田玄白や種痘の普及につとめた笠原白翁など、日本の医学史に名を残した人物を数多く輩出したところである。朝倉氏のもとで中国の医学書「八十一難経」を出版した谷野一栢から、食育の祖といわれる石塚左玄まで、戦国時代から明治時代に至る福井の医学史を幅広く紹介。また、江戸時代、村むらで人びとの治療にあたった医者たちについても、実際に使われた道具類など多様な資料をもとに紹介する。
写真展「まつりのなかの子どもたち」 [展覧会]

写真展「まつりのなかの子どもたち」

  • 2017年07月01日(土) ~ 2017年08月31日(木)
  • 北陸自動車道「福井北」ICより西へ約15分JR福井駅よりコミュニティバスすまいる福井駅西口広場バスターミナルから「文京・田原町方面」宮前町下車
  • まつりの中で子どもたちも大きく役割を与えられ、活躍することがある。そうした祭りの主役となる子どもたちを含めて、子どもに関する祭りを紹介する。
澤田教一展 [展覧会]

澤田教一展

  • 2017年07月29日(土) ~ 2017年08月31日(木)
  • 北陸自動車道「鯖江」ICから1.1km福井鉄道「西山公園」駅から徒歩3分
  • 写真という切り取った一瞬によって戦争を生々しく伝え、世界的に評価された澤田教一。彼は戦闘が激化するベトナムに赴き、34歳で殉職するまで撮影を続けた。また戦地の写真だけでなく、悲しみがはびこる日常と、懸命に生きる人々の姿も写し出した。これら真実の数々は、人間の中にひそむ光と影を改めて意識するきっかけともなるだろう。今展では、ピュリツァー賞受賞作「安全への逃避」を含む作品約130点を展示する。

福井総局から

福井アサヒコムは県内の地域情報を発信しています。ご意見・ご感想・身の回りの話題など、お気軽にお寄せください。郵便(〒910・0005、福井市大手3丁目11-6 朝日新聞福井総局)、ファクス(0776-28-7144)、メールもお待ちしています。
メールはこちらから

朝日新聞 福井総局 公式ツイッター

注目コンテンツ