メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月14日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

福井

ピックアップ

福井の情報

特集

曲がり角の原発大国 米国の事情
アメリカが原子力の商業利用を認めて60年になります。岐路に立つ現地の事情を報告します。
曲がり角の原発大国インタビュー
原発の安全を守るために、私たちはどうあるべきか。米国の専門家に聞きました。
この人に聞く
各界で活躍中の方々にインタビューします。
北陸六味
道元禅師「典座教訓」の料理の六味。北陸3県ゆかりの6人による六味のエッセーを週替わりでお届けします。
原発関連記事
【原発】の記事を掲載しています。

福井のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

第13回 越前市サマーフェスティバル [お祭り][フェスティバル・パレード]

第13回 越前市サマーフェスティバル

  • 2018年08月13日(月) ~ 2018年08月15日(水)
  • JR「武生」駅が最寄
  • 今年も楽しいイベント目白押しの「越前市サマーフェスティバル」。13日は、ふるさと踊りが行われ、武生中央公園を踊り歩く姿はとても賑やか。14日は、「わっしょい越前」。キャラクターショーや音楽ライブ、よさこい乱舞などが行われる。8/15は、約1万発の花火が打ち上がる花火大会。
精霊船送り(菅浜) [お祭り][年中行事・歳時記]

精霊船送り(菅浜)

  • 2018年08月15日(水)
  • 舞鶴若狭自動車道若狭美浜ICより約5kmJR小浜線美浜駅より約5km
  • 菅浜で行われる盆行事。この行事は全国各地で行われる精霊送りだが、菅浜の精霊船「精来丸」は長さ8メートル、幅4メートルの巨大な藁製の船で、村の青年たちが作る。色とりどりの提灯や折り鶴、花輪などで飾り付けられ、供物が乗せられ、ろうそくが灯され、静かに曳き舟に引かれて海へと送り出される。このおごそかな盆行事が済むと、美浜町の秋はもうすぐ。
第13回 越前市サマーフェスティバル 花火大会 [花火大会]

第13回 越前市サマーフェスティバル 花火大会

  • 2018年08月15日(水)
  • JR「武生」駅が最寄
  • 越前市の夏の風物詩と言えば、毎年県内外から多くの人が訪れる花火大会。今年も日野川河川緑地で盛大に行われる。花火の爆音が村国山に反響する大迫力の花火をお楽しみに。約一万発の花火が、雷明のごとく夏の夜空を彩り、手筒花火やフィナーレの花火も必見! 感動すること間違いなし。
第51回おおの城まつり [お祭り][各種ショー][伝統芸能・大衆芸能]

第51回おおの城まつり

  • 2018年08月12日(日) ~ 2018年08月16日(木)
  • 北陸自動車道「福井」ICより約40分JR越美北線「越前大野」駅徒歩10分
  • 毎年8月のお盆期間に市内の各会場で踊りやイベントが開催され、大盛り上がりとなる夏の一大イベント「おおの城まつり」。12日の「おおのおどり」、13日の花火大会、15・16日の盆踊りでクライマックスを迎える。
精霊船送り(和田) [お祭り][年中行事・歳時記]

精霊船送り(和田)

  • 2018年08月16日(木)
  • 舞鶴若狭自動車道若狭美浜ICより約5kmJR小浜線美浜駅より約3km
  • この行事は全国各地で行われる精霊送りだが、和田の精霊船は長さ3メートル、幅1.5メートルの藁製の船で、区民たちが作成する。供物が乗せられ、灯篭が灯され、村の青年たちに引かれて海へと送り出される様子を是非見に訪れてみてはいかが?
てらまち万灯会 [年中行事・歳時記][イルミネーション・ライトアップ]

てらまち万灯会

  • 2018年08月16日(木)
  • 北陸自動車道「福井」ICより40分JR越美北線「越前大野」駅より徒歩10分
  • 城下町大野を象徴する町並みとして、人々にやすらぎを与えてきた寺町。およそ700mにわたり、先祖への祈願、住民の安寧と発展を願って蝋燭を灯す。2300本ものロウソクが通りに並び幻想的な空間を生み出す。祈願蝋燭の申し込みも可能。
ぼくらの夏休み@福井 [食のイベント][観察・ウォッチング][体験・遊覧][伝統芸能・大衆芸能][ウォーキング・散策]

ぼくらの夏休み@福井

  • 2018年08月11日(土) ~ 2018年08月19日(日)
  • 北陸道今庄ICから約5分/JR今庄駅集合JR今庄駅下車すぐ
  • 一言で言うと「田舎でのんびりとした時間を過ごす」企画。都市部に生まれ、育ったあなた! 実家も都会な人々が自分自身の田舎を見つけるのをサポートしたいとの思いから開催される、地域まるっと体感宿 玉村屋(仮称/来年1月オープン予定)の地域実地体験企画“Local-Practice”。田舎でのんびり、おじいちゃん、おばあちゃんの農作業を手伝ってみては?体験メニュー:花ハス収穫、盆踊り、農作業、海水浴など。
テーマ展「ふねは進むよどこまでも-若狭湾とふねの歴史-」 [展示会・展示イベント][展覧会]

テーマ展「ふねは進むよどこまでも-若狭湾とふねの歴史-」

  • 2018年06月30日(土) ~ 2018年08月19日(日)
  • 舞鶴若狭自動車道小浜ICより東へ5分JR小浜線東小浜駅より徒歩約7分/JR湖西線近江今津駅発JRバス若江線遠敷バス停より徒歩約15分
  • 日本遺産関連テーマ展。日本海各地にさまざまなモノ・文化をもたらした北前船。北前船が往来した江戸時代・近代を中心に、若狭の交通・生業・信仰と密接に関わってきたふねの歴史を紹介。奉納船の模型、初公開の船絵馬のほか、県指定文化財「小浜城下蘇洞門景観図巻」(おばまじょうかそともけいかんずかん)・「彦火火出見尊絵巻」(ひこほほでみのみことえまき)を公開! ギャラリートークも7/15・8/12に開催予定!
わかはく講座「天竺への旅を守護したほとけ~明通寺・深沙大将像をめぐって~」 [講座・講演・シンポジウム]

わかはく講座「天竺への旅を守護したほとけ~明通寺・深沙大将像をめぐって~」

  • 2018年08月19日(日)
  • 舞鶴若狭自動車道 小浜ICより約2km(約5分)JR小浜線東小浜下車徒歩7分
  • 深沙大将(じんじゃだいしょう)とは、三蔵法師が経典を求めてインドへ旅した際に、砂漠での危難を救ったとされる仏である。この講座では、小浜市・明通寺所蔵の深沙大将像について解説する。 講師:松岡久美子氏(近畿大学文芸学部芸術学科 准教授) ※申込不要
食虫植物展 [展示会・展示イベント][観察・ウォッチング][花・植物のイベント]

食虫植物展

  • 2018年08月11日(土) ~ 2018年08月20日(月)
  • 北陸自動車道鯖江ICより約10km福井鉄道 神明駅より バスで約10分
  • 虫に罠をしかける食虫植物の不思議な生態を間近で観察できる。パネルには、食虫植物の解説やクイズのヒントも隠されている。また、クイズに挑戦して食虫植物を当てよう! 不思議な食虫植物を観察して、夏休みの自由研究に役立つ「オリジナル植物図鑑」を作っちゃおう。作り方テキストもあり!

福井総局から

福井アサヒコムは県内の地域情報を発信しています。ご意見・ご感想・身の回りの話題など、お気軽にお寄せください。郵便(〒910・0005、福井市大手3丁目11-6 朝日新聞福井総局)、ファクス(0776-28-7144)、メールもお待ちしています。
メールはこちらから

朝日新聞 福井総局 公式ツイッター

注目コンテンツ