メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

北陸たからもの

若鶴酒造の「ZEMON」@富山

写真:三郎丸蒸留所の蒸留器ZEMONとブレンダーの稲垣貴彦さん=2020年6月、富山県砺波市 拡大三郎丸蒸留所の蒸留器ZEMONとブレンダーの稲垣貴彦さん=2020年6月、富山県砺波市

 木やかんきつ類、アルコールがまじった香りが満ちた蔵の最奥部に、それはあった。鈍い金色で、ずんぐりした釣り鐘型の容器が二つ。小窓から内部をのぞくと、液体が勢いよく流れ込んでいた。液体はまだ濁っていて、白い。だが、ここで加熱され、透明に変わっていく。
 若鶴酒造の三郎丸蒸留所は北陸唯一のウイスキー蒸留所だ。そこで1年前、世界初の鋳造製の蒸留器が稼働し始めた。その名は「ZEMON(ゼモン)」。
 「生みの親」のブレンダー稲垣貴彦さん(32)によると、ウイスキー蒸留器のほとんどは銅製。安価でアルコールの不快なにおいを減らす効果があるという。巨大な銅板を加工して溶接し、約8カ月かけて製造。寿命は20〜30年とされる。
 やはり銅製だった先代の蒸留器の寿命が近づいていた2016年、稲垣さんは、もっと安く、もっと長く使える蒸留器ができないか考えていた。
 17年の年始、高岡市と氷見市にまたがる二上山にお参りに行った際、頂上近くの公園で釣り鐘を見た。「似てるな」。製造したのは、砺波市のお隣、高岡市で超大型の釣り鐘製造の技術を持つ老子(おいご)製作所。「釣り鐘と同じ鋳造で蒸留器を造れませんか」と持ちかけた。
 富山県立大学に協力を依頼し、金属の配分や構造によって酒の質がどう変わるか調べ、銅とすずを合わせた青銅を素材に決定。ミニチュアを使った試作や実験を重ね、19年6月、鋳造製蒸留器が稼働した。
 鋳造にしたことで、消耗したパーツだけ製造することもできるようになった。パーツ交換して使えば寿命が長くなり、コスト削減につながる。鋳型があるので製造も最短1カ月に。今年6月には特許を取得した。
 名前は、老子製作所の屋号「次右衛門(じえもん)」を、地元の人が「ぜーもん」と呼ぶのにちなんだ。地元産の誇り、長く稼働し続けてほしいという願いを込めた。
 そのZEMON、酒の質にも変化をもたらした。
 試飲した稲垣さんによれば、さわやかな酸味を感じるパイナップルのような香りが増し、飲み口にもバラのような甘い香りが際立っていた。調べると、アルコール特有の刺激臭を生むアセトアルデヒドが半減。飲み応えを感じさせる、カラメルに似た香ばしさが7倍近くになっていた。合金にしたことで内部に波模様ができ、もろみと接する表面積が増えたことなどで、変化が起きたらしい。
 たる詰めの熟成を経て、ZEMON製ウイスキーが市場に出るのは22年ごろ。まとうラベルは伝統の銘柄「サンシャイン」「三郎丸」だが、稲垣さんは「全く違う、進化した味になっているはず」と予告する。
 2年後の楽しみが一つできた。(田添聖史)

 ◆若鶴酒造 富山県砺波市三郎丸208。1862年に清酒製造を始め、1918年に会社設立。52年から「三郎丸蒸留所」を運営する。日本酒の「若鶴」や「苗加屋(のうかや)」、ブレンデッドの「サンシャインウイスキー」などがある。蒸留所の見学は完全予約制で1日3回、各回60人。問い合わせ・予約は電話(0763・37・8159)で。木曜定休、年末年始など休み。

PR情報

PR注目情報

福井総局から

福井アサヒコムは県内の地域情報を発信しています。ご意見・ご感想・身の回りの話題など、お気軽にお寄せください。郵便(〒910・0005、福井市大手3丁目11-6 朝日新聞福井総局)、ファクス(0776-28-7144)、メールもお待ちしています。
メールはこちらから

朝日新聞 福井総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ