メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

福岡・北九州

福岡の情報

特集

究人 KIWAMEBITO
福岡で道を究める人たちの極意や哲学を紹介します。
ホークス リベンジ日記
ホークスを愛する西田たかのりさんのコラム。今季は「ホークス リベンジ日記」として掲載します。
海峡往来真発見
日韓交流の最前線で活躍する3人が食や旅、映画などを切り口に韓国の最新の姿を真発見し、紹介します。
曙光を旅する~葉室麟
時代の始まりは、曙光によって告げられる。これからの旅で過去であり、未来でもある風景を見たい。
東筑 新章
21年ぶりに甲子園出場を果たした東筑高。球児たち憧れの夢舞台で躍動するチームの夏を追います。
粋に山笠@博多 2017
ユネスコ無形文化遺産に登録され、「世界の宝」となった博多祇園山笠。夏を粋に彩るその魅力を紹介します。
新年企画 REBORN 九州
熊本地震後、被災地で、九州全体で高まっている再生(リボーン)への機運。各地の動きや思いを描きます。
北九州 ディープなミカタ
J3ギラヴァンツ北九州と地域スポーツを「深い見方」で、「深い愛のある味方」として考えます。
まちから(シリーズ21~24)
福岡の「まち」を訪れ、過去と現在をひもとき、未来を考えます。
まちから(シリーズ11~20)
福岡の「まち」を訪れ、過去と現在をひもとき、未来を考えます。
まちから(シリーズ1~10)
福岡の「まち」を訪れ、過去と現在をひもとき、未来を考えます。
2016 博多祇園山笠
博多の街を熱くする博多祇園山笠の季節がやってきました。準備からフィナーレの「追い山」までを追います。
熱男 ホークス応援日記
熱烈なホークスファンであるタレントの西田たかのりさんが、V3を懸けた戦いに挑むチームを応援します。
おっしょい! アビスパ
5年ぶりにサッカーJ1に昇格したアビスパ福岡の監督、選手らの声を毎週紹介します。
北九州 新蹴期
サッカーJ2・ギラヴァンツ北九州を中心に、スポーツを生かした地域のあり方などを考えます。
九州発 NEXT30
地方創生のかぎは若い力が握っています。九州を拠点に活躍し、次代を担うと期待される30人を紹介します。
J1への道 アビスパ福岡
成績低迷と経営危機から立ち直り、J1昇格を果たしたアビスパ福岡。その過程で何があったのでしょうか。
新年企画 世界へ~私流~
五輪・パラリンピックの年。福岡から世界へ突破しようする人たちの「挑戦」と、その「流儀」を紹介します。
福岡 地域が育んだ異才の顔ぶれ
世界に認められる傑物を輩出している福岡県。風土や特色、気質の違いを4地域に分けて探ってみました。
釜山かいわい
福岡から海を挟んで200キロの距離にある釜山を中心に、韓国の情報を届けます。
新・京築風土記
京築地方のいまを、新たな視点で伝えます。
りぽーとFUKUOKA
県内の話題や事件の背景などを掘り下げて紹介します。
土曜カフェ
京築地域で活躍する人たちが、さまざまな話題を毎週土曜日にお届けします。
筑豊さんぽ道
筑豊にゆかりがあり、さまざまな分野で活躍する人たちに筑豊への思いや提言などをつづってもらいます。

福岡のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

福岡県青少年科学館 プログラミング教室(初級) [体験・遊覧]

福岡県青少年科学館 プログラミング教室(初級)

  • 2017年12月02日(土) ~ 2018年03月03日(土)
  • 九州自動車道「久留米」ICより約10分西鉄久留米駅より徒歩15分
  • 子どもと保護者の2人1組で教育用レゴマインドストームEV3を使って、簡単なプログラミングを行う。要予約、実施日の1ヶ月前の9:30から電話または来館にて先着順に受け付け(定員になり次第締切)、参加対象は小学校3年生~中学生、定員10組 ※当日子ども1人での参加はできない
こたつ舟 [体験・遊覧]

こたつ舟

  • 2017年12月01日(金) ~ 2018年02月28日(水)
  • 西鉄柳川駅下車徒歩5~7分
  • お堀めぐりのどんこ舟がこたつ舟になる。炭を入れた火鉢にこたつ布団をかけると足元がほかほか。いつもと違ったこの時期ならではのお堀めぐりが楽しめる。
門司港レトロイルミネーション2017 [イルミネーション・ライトアップ]

門司港レトロイルミネーション2017

  • 2017年11月18日(土) ~ 2018年02月25日(日)
  • 九州自動車道「門司IC」で下車、 門司港レトロエリアまでは約7分JR門司港駅から徒歩10分
  • 冬の門司港が幻想的な光に包まれる。歴史的建造物のライトアップ、ツリーイルミネーション等フォトスポットもたっぷり。
ももちブルーライトイルミネーション2017 [イルミネーション・ライトアップ]

ももちブルーライトイルミネーション2017

  • 2017年11月17日(金) ~ 2018年01月31日(水)
  • 福岡都市高速道路百道ランプより約1kmJR博多駅より西鉄バスで25分「福岡タワー」下車すぐ
  • 福岡タワーに日本最大級となる全長108mの巨大クリスマスツリーが点灯。今年はこの巨大ツリーが、緑、白、赤、ゴールド、紫と5つの色に大変身。好きな色のツリーを楽しもう。タワー周辺の樹木もブルーのイルミネーションで彩られ幻想的な雰囲気に。展望室の夜景や装飾もみどころ。※クリスマスツリーの点灯は12/25まで
まちなかイルミネーション大作戦 [イルミネーション・ライトアップ]

まちなかイルミネーション大作戦

  • 2017年11月25日(土) ~ 2018年01月19日(金)
  • JR新飯塚駅より徒歩20分西鉄飯塚バスターミナルより徒歩約5分
  • 飯塚緑道公園(千鳥屋本家横~片島まで約660m)がイルミネーションにてライトアップ! 普段の街並みが、ロマンティックな世界に大変身! 美しい光の空間を楽しもう。
AQUA ILLUMINATION 2017 [イルミネーション・ライトアップ]

AQUA ILLUMINATION 2017

  • 2017年11月11日(土) ~ 2018年01月14日(日)
  • 太宰府ICより都市高速経由で約20分JR博多駅より徒歩約7分
  • 11月11日(土)の点灯式を皮切りに「AQUA(水)」をテーマとした「アクアイルミネーション」を実施する。高さ約15mの「スターツリー」のほかプロムナードなど館内全体が幻想的な青い光で包まれる。また今年は人気アーティスト「東方神起」の楽曲とコラボレーションした特別な噴水ショー「アクアイルミネーションショー」や「東方神起」イルミフォトスポットなど多数イベントを実施する。
ともにともそうプロジェクト2017 [イルミネーション・ライトアップ]

ともにともそうプロジェクト2017

  • 2017年11月18日(土) ~ 2018年01月14日(日)
  • 九州自動車道須恵スマートICから約2km
  • まちの中心から元気を発信したい!との思いから始まった「ともにともそうプロジェクト」は今年で4回目。20mを超す大きなメタセコイアのイルミネーションは必見! 11月18日(土)の点灯式イベントではスペシャルライブや出店などで会場を盛り上げる。
イルミネーション「ドリーム・カム・ツリー2017」 [イルミネーション・ライトアップ]

イルミネーション「ドリーム・カム・ツリー2017」

  • 2017年12月09日(土) ~ 2018年01月13日(土)
  • 九州自動車道柳川・みやまICより約7kmJR筑後船小屋駅より車で8分、西鉄柳川駅から車で15分
  • 柳川市のイルミネーション「ドリーム・カム・ツリー」。2017年のテーマは“九州は一つ”。12月11日の点灯式当日にはステージイベント、抽選会、今年7月に発生した九州北部豪雨の早期復興を願った朝倉市の物産展を開催する。様々なイベントを企画。約15万球のLEDを使い、メインツリーや、藤棚や遊具を装飾した、大人から子どもまで楽しめる幻想的なイルミネーションを実施する。
ようこそ、ミャンマー美術へ! [展覧会]

ようこそ、ミャンマー美術へ!

  • 2017年08月31日(木) ~ 2018年01月09日(火)
  • 福岡都市高速道路呉服町出口から約1km市営地下鉄「中洲川端」駅
  • 昨年末に、福岡市とヤンゴン市は姉妹都市の締結をした。今展は、それを記念する企画で、王室を描いた英領時代の洋風絵画から、黄金のパゴダに代表される麗しい仏教国のイメージ、そして軍事政権下でも政治・社会問題を巧みに批評してきた現代美術作品など、20世紀初頭から今日までのミャンマー美術のあゆみを、約30点の作品でわかりやすく紹介する。
市美×市博 黒田資料名品展5 黒田家と鉄砲 [展示会・展示イベント][展覧会]

市美×市博 黒田資料名品展5 黒田家と鉄砲

  • 2017年11月07日(火) ~ 2018年01月08日(月)
  • 都市高速ももちランプより約3分地下鉄西新駅から徒歩15分、西鉄バス博物館北口・南口から徒歩5分
  • 鉄砲と黒田家の関係を、福岡市博物館が収蔵する資料を中心に紹介する。福岡市美術館とのコラボ展示の目玉は、同館所蔵で、初代福岡藩主黒田長政が狩猟などに使った「太郎坊」「次郎坊」というニックネームをもつ火縄銃。市博からは長政が同時期に学んだ砲術の免許状などをあわせて展示する。

編集部から

朝日新聞 西部報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】超気軽! スマホVRで新体験

    実世界により近い没入感を実現

  • 写真

    【&TRAVEL】東白川村で地歌舞伎に魅せられる

    岐阜の旅

  • 写真

    【&M】二駆か四駆、どっちがいい?

    キャンピングカーで行こう!

  • 写真

    【&w】パン屋にならないと離婚!?

    このパンがすごい!

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム「リベラル」とは何か

    保守との対立の基本構図

  • 写真

    WEBRONZAどうなる?憲法改正

    憲法9条の3つの命運とは

  • 写真

    アエラスタイルマガジン鰻を粋に味わいに浅草へ

    明治40年創業の老舗の一品

  • 写真

    T JAPANせきねきょうこが選ぶホテル

    新・東京ホテル物語Vol8

  • 写真

    ハフポスト日本版 下着の広告と全く同じポーズで撮影した理由

    下着の広告と全く同じポーズで撮影した理由

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ