メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

福岡・北九州

福岡の情報

特集

究人 KIWAMEBITO
福岡で道を究める人たちの極意や哲学を紹介します。
ホークス リベンジ日記
ホークスを愛する西田たかのりさんのコラム。今季は「ホークス リベンジ日記」として掲載します。
海峡往来真発見
日韓交流の最前線で活躍する3人が食や旅、映画などを切り口に韓国の最新の姿を真発見し、紹介します。
曙光を旅する~葉室麟
時代の始まりは、曙光によって告げられる。これからの旅で過去であり、未来でもある風景を見たい。
東筑 新章
21年ぶりに甲子園出場を果たした東筑高。球児たち憧れの夢舞台で躍動するチームの夏を追います。
粋に山笠@博多 2017
ユネスコ無形文化遺産に登録され、「世界の宝」となった博多祇園山笠。夏を粋に彩るその魅力を紹介します。
新年企画 REBORN 九州
熊本地震後、被災地で、九州全体で高まっている再生(リボーン)への機運。各地の動きや思いを描きます。
北九州 ディープなミカタ
J3ギラヴァンツ北九州と地域スポーツを「深い見方」で、「深い愛のある味方」として考えます。
まちから(シリーズ21~24)
福岡の「まち」を訪れ、過去と現在をひもとき、未来を考えます。
まちから(シリーズ11~20)
福岡の「まち」を訪れ、過去と現在をひもとき、未来を考えます。
まちから(シリーズ1~10)
福岡の「まち」を訪れ、過去と現在をひもとき、未来を考えます。
2016 博多祇園山笠
博多の街を熱くする博多祇園山笠の季節がやってきました。準備からフィナーレの「追い山」までを追います。
熱男 ホークス応援日記
熱烈なホークスファンであるタレントの西田たかのりさんが、V3を懸けた戦いに挑むチームを応援します。
おっしょい! アビスパ
5年ぶりにサッカーJ1に昇格したアビスパ福岡の監督、選手らの声を毎週紹介します。
北九州 新蹴期
サッカーJ2・ギラヴァンツ北九州を中心に、スポーツを生かした地域のあり方などを考えます。
九州発 NEXT30
地方創生のかぎは若い力が握っています。九州を拠点に活躍し、次代を担うと期待される30人を紹介します。
J1への道 アビスパ福岡
成績低迷と経営危機から立ち直り、J1昇格を果たしたアビスパ福岡。その過程で何があったのでしょうか。
新年企画 世界へ~私流~
五輪・パラリンピックの年。福岡から世界へ突破しようする人たちの「挑戦」と、その「流儀」を紹介します。
福岡 地域が育んだ異才の顔ぶれ
世界に認められる傑物を輩出している福岡県。風土や特色、気質の違いを4地域に分けて探ってみました。
釜山かいわい
福岡から海を挟んで200キロの距離にある釜山を中心に、韓国の情報を届けます。
新・京築風土記
京築地方のいまを、新たな視点で伝えます。
りぽーとFUKUOKA
県内の話題や事件の背景などを掘り下げて紹介します。
土曜カフェ
京築地域で活躍する人たちが、さまざまな話題を毎週土曜日にお届けします。
筑豊さんぽ道
筑豊にゆかりがあり、さまざまな分野で活躍する人たちに筑豊への思いや提言などをつづってもらいます。

福岡のイベント情報

※施設内容、営業時間、料金などの掲載情報は変更される場合があります。ご利用・お出かけの際は、各自で主催者などにご確認ください。(情報提供:イベントバンク別ウインドウで開きます

第22回セキサバ倶楽部写真展 [展示会・展示イベント][展覧会]

第22回セキサバ倶楽部写真展

  • 2018年01月19日(金) ~ 2018年01月24日(水)
  • JR「博多」駅より徒歩約10分
  • 「セキサバ倶楽部」は1993年に会員が集まり、グループ展を開催した年でもある。今年で、写真展開催は22回を迎えた。現在の会員数は約20名。セキサバ倶楽部のほとんどのメンバーは、APA「社団法人日本広告写真家協会・九州支部」に属している。普段、広告撮影を生業としている彼らだが、このセキサバ倶楽部ではビジネスと異なる、自分自身の「思い」を込めた作品を表現出来る機会でもある。
シルク・ドゥ・ラ・シンフォニー [各種ショー][音楽イベント][演劇・ダンス]

シルク・ドゥ・ラ・シンフォニー

  • 2018年01月24日(水)
  • 地下鉄空港線天神駅から徒歩5分(16番出口)
  • サーカス界のトップアーティストが集結し、フルオーケストラと共演する“夢の協奏曲(コンチェルト)”、日本初上陸! コンサートホールがサーカスの魔法にかけられる、かつてないエンタテイメント! ※指揮者変更のお知らせ…予定されていた指揮者ニコライ・ジャジューラは、楽団の都合により急遽変更となり、ヴィタリー・プロタソフが務める ※チケット完売
第38回 新春爆笑寄席 [伝統芸能・大衆芸能][芸能人・著名人]

第38回 新春爆笑寄席

  • 2018年01月24日(水)
  • 西鉄バス「福岡国際会議場・サンパレス前」下車
  • 古典落語の最高峰として君臨する人間国宝 柳家小三治、俳優としても活躍する人気の柳家喬太郎、江戸古典落語で若手ナンバーワン柳家三三による、三人会。実力派の噺家達が新年の福岡に初笑いをお届けする、毎年恒例・大盛況の新春爆笑寄席をお楽しみに。 ※未就学児の入場不可(託児なし)
三夜さま [お祭り]

三夜さま

  • 2018年01月23日(火) ~ 2018年01月25日(木)
  • 甘木ICより15分JR久大本線田主丸下車徒歩10分、西鉄田主丸中央バス停徒歩2分
  • 月読神社のご祭神は月読尊であり、古来から目の神様として信仰され先を読むということから開運の神や厄除けの神として崇拝されてきた。また安産・海上安全・五穀豊穣・大漁にもご利益があるとされている。大祭開催中は、植木・苗木をはじめ多くの露天が立ち並び大勢の参拝客で賑わいをみせる。
イケメン華道男子グループ「IKENOBOYS」による「いけばなパフォーマンス」 [各種ショー][展示会・展示イベント][体験・遊覧][伝統芸能・大衆芸能][花・植物のイベント]

イケメン華道男子グループ「IKENOBOYS」による「いけばなパフォーマンス」

  • 2018年01月27日(土)
  • 西鉄「久留米駅」より徒歩約10分
  • 華道家元池坊は、イケメン華道男子グループ「IKENOBOYS(イケノボーイズ)」による「いけばなパフォーマンス」を、1月27日(土)、「第58回 九州生花商団体連合会久留米大会」(久留米シティプラザ)にて開催。「IKENOBOYS」リーダーの柿沢正一が楽しいトークと“いけばなLIVE”を披露する。また12:30から「いけばな池坊 無料体験ワークショップ」も開催。先着50名まで。
東儀秀樹トーク&ライブ [音楽イベント][伝統芸能・大衆芸能][芸能人・著名人]

東儀秀樹トーク&ライブ

  • 2018年01月27日(土)
  • 西鉄電車「春日原」駅・JR「春日」駅より西鉄バス1・2番系統、「ちくし」台下車、徒歩10分
  • 日本古来の伝統楽器の心地よい音色で多彩なジャンルの楽曲を奏でる。新たな可能性に挑戦し続ける東儀秀樹の魅力を、たっぷりと堪能しよう。演奏予定曲目は、「越天楽幻想曲」「JUPITER」「ハナミズキ」ほか。※未就学児入場不可 ※チケットは完売
石炭館名誉館長連続講座「100年を越える三池炭鉱の技術を紐解く」(第4回) [講座・講演・シンポジウム]

石炭館名誉館長連続講座「100年を越える三池炭鉱の技術を紐解く」(第4回)

  • 2018年01月27日(土)
  • 九州自動車道「南関」ICから約25分大牟田駅西口より、イオンモール行バス乗車、終点から徒歩8分
  • 大牟田市石炭産業科学館の名誉館長(九州大学名誉教授:松井紀久男先生)による連続講座。三池炭鉱で培われてきた坑内掘り技術に関連した事柄について焦点を当てている。第4回目は「世界に誇る技術-生き残りをかけて-」を副題として開催する。
福岡県「食品ロス削減」ポスターコンテスト 入賞作品展 [展示会・展示イベント]

福岡県「食品ロス削減」ポスターコンテスト 入賞作品展

  • 2018年01月15日(月) ~ 2018年01月28日(日)
  • 地下鉄「天神」駅から徒歩3分(16番出口)
  • 食べられるのに捨てられている食品、いわゆる「食品ロス」は、全国で年間621万トン発生している。県内の児童・生徒を対象に「食品ロス削減」ポスターコンテストを実施し、その中から優秀な作品を展示する。
南志保子 テンペラ画展 [展覧会]

南志保子 テンペラ画展

  • 2018年01月22日(月) ~ 2018年01月28日(日)
  • 地下鉄「天神」駅より徒歩3分(16番出口)
  • 卵黄を顔料に混ぜるヨーロッパ・ルネサンス時代の技法で「テンペラ画」を制作。動物、植物、空や人。これらのモチーフを通してさまざまな心象を表現した作品約25点を展示する。
苅田町イルミネーション2017 [イルミネーション・ライトアップ]

苅田町イルミネーション2017

  • 2017年12月01日(金) ~ 2018年01月28日(日)
  • 東九州自動車道苅田北九州空港ICより約3kmJR苅田駅下車すぐ
  • 西日本工業大学や苅田工業高校を中心に産学官が一体となって、手作りのイルミネーションを製作し、駅前をライトアップする「苅田町イルミネーション」。決して規模が大きいわけではないが、手作りで温かみのあるイルミネーションが、ロマンティックな夜を演出する。思わず足を止めて、写真におさめたくなるような心躍る空間。12月1日は、点灯式と大乾杯大会を開催。『乾杯』の発声で点灯。

編集部から

朝日新聞 西部報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】収納に便利なたためるざる

    ダイソンのデザイナーが設計

  • 写真

    【&TRAVEL】温暖な気候と豊かな海が育む

    千葉・館山の歴史と美味

  • 写真

    【&M】12年ぶり、新「アイボ」

    写真特集「CES 2018」

  • 写真

    【&w】チョコは便秘にも効く

    鈴木奈々さん<PR>

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム「犬も人間も老いて死ぬ」

    町田康がひもとく物語

  • 写真

    WEBRONZA軍事研究と日本の学術

    「無関心」こそ最も危ない

  • 写真

    アエラスタイルマガジンセンスのよさに男が上がる店

    部長がすすめる名店を紹介

  • 写真

    T JAPAN巨匠フランク・ホーヴァット

    傑作を集めた写真展が開催

  • 写真

    ハフポスト日本版 「普通の女の子の生活を」

    有安杏果、ももクロ卒業を電撃発表

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ