メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

海峡往来真発見

早春の味「ミナリ」が歓迎 八田靖史

写真:八田靖史さん 拡大八田靖史さん

写真:セリを豚バラ肉と焼いて食べる「ミナリサムギョプサル」 拡大セリを豚バラ肉と焼いて食べる「ミナリサムギョプサル」

 ◇韓国料理ライター・八田靖史

 韓国中東部の大邱(テグ)市と慶尚北道(キョンサンブクト)が、来年に向けて観光客の誘致に力を入れている。どちらも歴史的な見どころに富む観光地で、2020年を「大邱・慶尚北道訪問の年」と定めた。国内外に地域の魅力を大々的にアピールする1年となる。

 私は年に数回ずつ、旅行会社と組んで韓国のグルメツアーを企画しているが、これまでにも各地域が掲げる「訪問の年」を重視してきた。観光のインフラ整備や情報の充実が図られるのはもちろん、地元からの歓迎もより手厚いように感じられるからだ。

 そこで来年をにらみつつ、リサーチに足を運んだところ、新春からの旅にぴったりの食材がみつかった。韓国語で「ミナリ」。日本では春の七草にも数えられるセリである。

 日本では宮城、茨城、大分などが主産地だが、韓国では慶尚北道の清道(チョンド)郡がよく知られている。中でもハンジェ村のセリがブランドとして評価が高く、1月から始まる出荷を心待ちにする人は多い。

 代表的な食べ方としては、さっとゆがいて塩、ゴマ油と和(あ)えた「ミナリナムル」や、生のままサラダ風に仕立てた「ミナリムチム」など。海鮮との相性がよいことから、アンコウの蒸し煮や、フグのスープにも欠かせない。茹(ゆ)でイカをひと口大に切って、ゆがいたセリでぐるぐると巻き、唐辛子酢味噌(すみそ)をつけて食べる「ミナリガンフェ」も美味(おい)しい。

 ハンジェ村では、セリを豚バラ肉と焼いて食べる「ミナリサムギョプサル」が名物として人気を集める。地元店「タムボクミナリガーデン」のソ・サンウン社長によれば、「セリは脂を吸ってこそ美味しい」のだとか。

 鉄板の上で豚バラ肉を焼き、脂が溶け出たところへ、長めに切ったセリをどさっと加える。脂と絡めながら炒めるように焼きあげると、まずはそのセリだけを味わうようにと薦められた。生で食べるよりも青々とした風味が濃く、脂を吸ったことで甘みも増している。かといって食感は損なわれておらず、嚙(か)むごとにシャキシャキと軽快な音が耳の奥で響いた。

 いやはや、焼いたセリがこれほどに美味しいとは。豚肉とも一緒に食べてみたが、ついついセリばかりに箸が伸び、どうやらこれは完全にセリが主役なのであった。

 同じく人気メニューの「ミナリジョン」(セリのチヂミ)も香り高い逸品。一面が緑色に見えるほど大量のセリを用い、小麦粉と黒豆粉を混ぜた生地はごく少量に留める。セリを活(い)かすためにハサミや包丁では切らず、箸でほぐすようにちぎるのもこだわりだ。

 仕上げの「ミナリピビムパプ」(セリビビンバ)には、細かく刻んだ生のセリを加える。見るとごはんよりもセリのほうが多く、混ぜるだけでも清涼な香りに包まれた。

 シーズンとしては2〜3月が最盛期とのこと。旧正月の連休とも重なるので、ハンジェ村はその時期が一番忙しい。店のまわりは一面がセリ畑であったが、それでもまったく足りないというから驚きである。

 来年に向けて、ぜひ早春の味覚をご記憶いただきたい。

 (次回の筆者は編集・翻訳業の伊東順子さん。12月14日の掲載を予定しています)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

編集部から

朝日新聞 西部報道センター 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】TEPPEI×ハマ・オカモト

    自分に合った服装とは?

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ