メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

みちのく週末【勝手に東北世界遺産】

第169「福田パン」

写真:注文を受けて具材を素早く塗り込んでいく=盛岡市長田町の福田パン 拡大注文を受けて具材を素早く塗り込んでいく=盛岡市長田町の福田パン

写真:開いてみると右があん、左がバター。一番人気の「あんバター」 拡大開いてみると右があん、左がバター。一番人気の「あんバター」

 ●佐藤利智子(コピーライター)/変わらぬ味、いつも人生のそばに

 2時間目の後にさっさと早弁、3時間目の後は、お待ちかねの福田パン。お昼休みや放課後にも小腹がすいたら福田パン。これ、筆者の高校時代の姿だが、うなずく人は多いはずだ。おそらく盛岡市内の高校に通っていた人たちは「福田パンで育った」と口をそろえるだろう。食べ盛りの高校生にとって、それほど福田パンは一番身近な「重量級おやつ」だった。昔も今も変わらない、青春の味なのだ。

 盛岡市長田町に店を構える「福田パン」は、1948年に創業。初代の福田留吉さんが「安い値段で学生を満腹にさせたい」と、独自のコッペパンを開発。岩手大学の売店を振り出しに、納入先を市内の高校・大学に広げ、今ではスーパーマーケットにまでパンを納めている。

 もっちりと柔らか。給食のコッペパンより一回り大きいのが特徴だ。あんバター、ジャムバター、ピーナツバターが不動のトップ3だ。「時代に合わせて微妙に食感を変えているが、レシピは創業当時のまま。うちでしか出せない味にこだわっています」と3代目社長の福田潔さん(46)は言う。

 パンに挟む具材は約50種類。その中から客が好みのものを選び、その場でパンに挟んでもらう。そのスタイルが人気になり、県外から足を運ぶ客も多い。その味にほれ込んで修業する人も現れ、現在は東京と大阪でそれぞれ店を開いているそうだ。

 ただ福田さんは「注目されるようになってもあくまで近所のパン屋。ジャージーや作業着でも気軽に入れるような店でありたいんです」。

 震災の2日後に店を開けた時、徹夜でパンを待っていた人たちの姿が忘れられないという福田さん。少しでも地域の役に立てればと、1年間沿岸部に無償でパンを届け続けた。

 先日、ある新郎新婦から「2人の好きな具を挟んで披露宴の参列者に配りたい」という注文があったという。それぞれの人生にそっと寄り添う福田パン。うれしい時も悲しい時も、近所のパン屋は変わらない味で私たちの腹も心も満たしてくれる。

 ◆さとう・りちこ 岩手県紫波町生まれ。フリーランスのコピーライター。「佐藤作戦会議室」代表として広告プランニングも手掛ける。

        ◇                     ◇

 コッペパンにあんやジャム、総菜など好みの具材を挟む。具材によって楽しみ方は十人十色だ。行きつけの飲食店主は「自家製ハムを挟んで売りたい」と遠い目で語っていた。人口約127万人の岩手県内で毎日1万個ほどが売れるというから、「盛岡のソウルフード」と呼ばれるのもよく分かる。みんなが愛するコッペパンに何を挟むかを競い合う「福田パン選手権」なんかやったら、街おこしにも一役買うかもしれない。ただし、大きくて食べ比べができないかも。

ここから広告です

福島総局から

「福島アサヒ・コム」は朝日新聞福島版の記事から、最新のニュースや身近な話題をお伝えします。
福島総局へのメールはこちらへ

朝日新聞 福島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】タブレットにもなる超薄型PC

    薄さ約9.9ミリ、重量約775g

  • 写真

    【&TRAVEL】激揺れバスでヒマラヤ登山口

    再び「12万円で世界を歩く」

  • 写真

    【&M】時代に合ったコンセプトカー

    小川フミオの「世界の名車」

  • 写真

    【&w】森でいちばんのもふもふ

    ふくろうの赤ちゃん

  • 写真

    好書好日埼玉の人、ごめんなさい

    魔夜峰央「翔んで埼玉」映画に

  • 写真

    WEBRONZA橋本治は「体」の人だった

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン2シーターを楽しむジャガー

    2台目に欲しいスポーツカー

  • 写真

    T JAPANせきねきょうこが選ぶホテル

    新・東京ホテル物語 第36回

  • 写真

    GLOBE+候補者なんと73人

    ナイジェリアの大統領選

  • 写真

    sippo倉庫の中で産まれた子猫

    新しい家で兄貴分に出会う

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ