メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

みちのく経済

ピザ窯が呼ぶ 人・モノ・お金

写真:日曜朝市でピザを焼く常盤ときめき隊の石川博孝隊長=能代市上町 拡大日曜朝市でピザを焼く常盤ときめき隊の石川博孝隊長=能代市上町

 ピザを焼く石窯を中山間地域の集落に設置する動きが、秋田県内で広がっている。高齢化が進み、経済が停滞しがちな過疎地だが、安価に設置できる石窯を中心に、人、モノ、お金の、小さくても新しい流れができつつある。

 ●秋田・地域おこし

 秋田県能代市の中心部で11月29日、今年最後の日曜朝市が開かれた。市北部の中山間地、常盤地区の住民らがつくるNPO法人「常盤ときめき隊」が開催地の自治会と8年前から企画し、新鮮な野菜や総菜などを販売する。郷土料理「だまこ鍋」のコーナーの隣に、ピザ窯が並んだ。

 石窯は約1メートル四方で、重さ約250キロ。隊長の石川博孝さん(60)が軽トラックで約10キロの道のりを運んできた。300度まで窯を熱すると、5分でピザが焼き上がった。

 この日のピザは2種類。同地区産のタマネギやピーマンを使ったマルゲリータと、野沢菜やいぶりがっこを合わせた和風ピザ。ベースのトマトソースは、地元産トマトにハタハタの魚しょう「しょっつる」を加えたオリジナルだ。

 雪がちらつく天気だったが、1枚700円のピザがあっという間に約50枚売れた。「手作りと材料にこだわっているから、反応がいいのだと思う。少しでも小規模農家の力になれれば」と石川さん。

 石窯づくりは2010年ごろから、県内の中山間地で広がってきた。発端は県南部の由利本荘市だ。市観光文化振興課によると、市内には今、集落や公共施設に少なくとも15基の石窯がある。

 市は10年度から、赤字を出していた第三セクター「天鷺ワイン」を再生しようと、市内の施設に石窯を設置しワインとピザに親しむイベントを開催。これを見た市内各地の集落が「自分たちでもやってみたい」と手を上げた。

 市が耐火れんがなどの材料費を全額補助すると、手作りの石窯の設置が一気に増えた。市はさらに、プロのシェフを招いた講習会も開催。勉強した住民は地元産食材を生かしたメニューを開発し、イベントで販売したり、ピザ焼き体験で観光客を呼び込んだりする取り組みが広がった。

 石窯の製作費は材料代を含めて10万〜20万円ほど。イベントで1枚数百円のピザを1日100枚以上売り上げ、住民スタッフに日当を支払う集落も出てきた。由利本荘市のアドバイザーを務め、各地で地域おこしを仕掛ける斉藤俊幸さん(60)は「地域でお金を回す仕組みの一つ。地域の薪を燃料に使えば、エネルギーの循環にもなる」と話す。設置している集落へは、石窯の可能性に注目する東北各県などからの視察が絶えない。

 64世帯約250人が暮らす坂之下集落の茂木精さん(70)は「ピザ窯を作ってから集落内の交流が盛んになり、お互いの子や孫にも声をかけるようになった」と集落活性化の実感を話す。(新田哲史)

PR情報

ここから広告です

PR注目情報

福島総局から

「福島アサヒ・コム」は朝日新聞福島版の記事から、最新のニュースや身近な話題をお伝えします。
福島総局へのメールはこちらへ

朝日新聞 福島総局 公式ツイッター

注目コンテンツ

  • 写真

    【&w】カカドゥの不思議な野鳥たち

    ノーザンテリトリー〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】遊び心満載の豪華客船

    船上でサーフィン?〈PR〉

  • 写真

    【&M】廃虚の朽ち果てていく美しさ

    「変わる廃墟展 2019」

  • 写真

    【&w】劇場鑑賞券を3組6名様に

    「&w」読者プレゼント

  • 写真

    好書好日旅するように異国料理を作る

    宮崎あおいさん初の料理本

  • 写真

    WEBRONZAカーシェア急拡大

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジンこれぞ手軽な手土産の大本命

    手土産に縁起のよい「虎家喜」

  • 写真

    T JAPAN未来を変えるコスメ 第2回

    全米で話題の「CBDオイル」

  • 写真

    GLOBE+注目は年齢差だけではない

    マクロン大統領夫人の実像

  • 写真

    sippo絶滅の危機に瀕するトラ

    生態は猫とほぼ同じ

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ